悪霊狩猟団:カウンターズ

【悪霊狩猟団:カウンターズ】第7話あらすじ・感想(ネタバレあり)

【悪霊狩猟団:カウンターズ】第7話あらすじ・感想(ネタバレあり)

こんにちは、リズです。

6では、ムンの両親を殺害した人物がチョンシンだと判明し、両親の魂は彼に吸い取られたことも明らかになりました。

ムンは、両親の死に関する事実を隠していたモタクらに失望し、仲間との間に亀裂が生じることに。

一方、モタクを殺害するようチャンギュに命じたのが実兄ノ・ハンギュであることが判明しました。

また、キム・ヨンニムの殺害現場に残された血痕はAB型であることも明らかに。

最後は、事故当時の記憶の中でムンがチョンシンを殴り飛ばし...というシーンで終わりました。

 

続きの7話では、どんな展開が描かれるのか?

ムンとチョンシンの戦いの行方は!?

ムンの両親の死、モタクの事件、ヨンニムの事件の真相とは!

 

リズ
今回は7話のあらすじと感想です。ネタバレありなのでご注意ください!

『悪霊狩猟団:カウンターズ』 第7話あらすじ(ネタバレなし)

自分の運命を変えたあの夜の記憶の中で、チ・チョンシン(イ・ホンネ)と初めて出会ったムン(チョ・ビョンギュ)。チョンシンの居場所を突き止めるため、仲間とともに廃車場へ向かう。

引用元:Netflix

『悪霊狩猟団:カウンターズ』 第7話あらすじ※ネタバレあり

ムンとチョンシンの戦い

チョンシン(イ・ホンネ)は職場である廃車場を去ろうとしたとき、突然7年前の記憶にハナ(キム・セジュン)の存在を感知します。

一方、7年前の記憶の中でチョンシンに殴りかかったムン(チョ・ビョンギュ)。

2人は7年前の事故現場と現実世界の廃車場で、時空を行き来しながら格闘します。

ハナは目の前の光景に困惑し、ムンを現実世界へ戻そうとします。

目覚めたムンは興奮気味に「もう一度入ろう!捕まえなきゃ!」と言いますが、ハナに制止されます。

ムンは「僕を生かしたこと、後悔させてやる」とチョンシンに復讐心を燃やすのでした。

スポンサーリンク

再び結束する

姉貴麵屋に戻ったムンとハナ。

モタク(ユ・ジュンサン)とメオク(ヨム・ヘラン)もムンの両親の魂がチョンシンに吸い取られたことを知ります。

メオクは「捕まえよう。私たちの手で必ず」とムンを励ましました。

その後、トレーニング室にムンを呼んだモタク。

「俺が過去を調べるのは、お前とお前の父親のため」と告げ、7年前の最後の通話相手がソ・グォンだったことを打ち明けます。

モタクは「初めて会った日を思い出した。どうりで見覚えがあると」と感慨深げにムンを見つめました。

7年前に車内のラジオで現市長当選のニュースを聞いた父グォンが「最後までやる」と発言していたことをムンから聞いたモタクは「繋がった」と告げます。

殺害されたキム・ヨンニムはシン・ミョンフィ市長(チェ・グァンイル)の選挙運動員だったのでした。

スポンサーリンク

チョンシンが指名手配される

チョンシンと戦った際、「廃車専門ペクチョ・モーターズ」に瞬間移動したことを思い出したムン。

仲間と共に廃車場へ向かい、ジョンヨン(チェ・ユニョン)も合流します。

ムンのことを覚えていたジョンヨンは、「重傷だった脚が治ったのね。良かった」と声をかけました。

皆でチョンシンを捜索しますが、どうやら逃亡したことが判明。

廃車場からはオーナー・サンピルの遺体が発見され、チョンシンは指名手配されることに。

一方、党の代表と会食した市長シン・ミョンフィ。

代表から、大統領選の予備選への出馬要請を受けるのでした...

スポンサーリンク

貯水池

テシングループの会長チョ・テシン(イ・ドヨプ)は元麻薬の売人で、前科者であることが判明します。

経歴を隠して建設会社を買収し、その後複数の会社を乗っ取って裏金作りをしていたことも明らかに。

職員の一人を殺した容疑で取り調べを受けるソン・マノが代表を務める「タジョン施工」もそれらの会社のうちの1つでした。

実は、マノはハナの伯父でした。

ハナの父親が会社経営に失敗したことで、ハナは不本意ながらマノにお金を借りに行った過去がありました。

マノの会社は以前はハナの父が経営する会社だったのです。

カウンターズが話していると、チャンギュ(チョン・ジノ)が大勢の手下を引き連れてやって来ます。

狙いはモタクでしたが、チャンギュはメオクによって痛めつけられます。

モタクはチャンギュの記憶を読み、ハンギュ(キム・スンフン)が「貯水池が露呈したら、3次開発も大統領選も全て水の泡だ」と発言したことを知ることに。

チャンギュたちを追い返したカウンターズ。

貯水池にヨンニムの遺体が隠されていると推測し、ムンの父グォンの手帳にも貯水池の文字がありました。

スポンサーリンク

チョンシンとヒョグ

市長ミョンフィの元を訪れたスリョン。

チョンシンが帳簿を持って逃亡したこと、モタクがヨンニム事件の調査をしていることを報告します。

ミョンフィはチョンシンの早急の捕獲と射殺を命じました。

一方、コンビニに寄ったチョンシン。

そこへヒョグ(チョン・ウォンチャン)たちが入ってきます。

チョンシンはヒョグとすれ違うと、内にいる悪霊が「あいつも同類だぞ」と囁きます。

チョンシンは「またな」とヒョグに声をかけ、コンビニを後にするのでした...

スポンサーリンク

カウンターズの生命力

チュンジン市の隣ソンクォン市に貯水池があることを突き止めたカウンターズ。

車で向かっている途中、ハナが悪霊を感知。

宿主はハナの伯父ソン・マノでした。

マノによって人命が危険に晒されていると分かり、急いで現場へ。

ところが、突如横からトラックが!

トラックに乗っていたのはチャンギュたちでした。

チャンギュは意気揚々と潰れた車に近づきますが、車内から傷だらけの4人が登場。

モタクは、開いた口が塞がらないチャンギュを睨みつけるのでした。

『悪霊狩猟団:カウンターズ』 第7話感想

ムンとチョンシンが時空を移動しながらバトルするシーンに夢中になりました!

チョンシンはやはり強敵だと実感!

そんなチョンシンは指名手配されることに!

カウンターズはチョンシンと決着をつけることができるのか!

 

前回関係に亀裂が生じたムンと他のメンバーでしたが、皆でチョンシンを捕まえる決意を改めて固めましたね!

カウンターズの絆が一層深まったように思います!

 

テシングループの会長チョ・テシンも前科者だと分かり、ノ兄弟を含めていよいよ悪の軍団という印象が強まりましたね!

そんなテシンと手を組む市長ミョンフィは大統領の座を狙っているようです!

ムンの両親やヨンニムの事件の裏にいる黒幕は果たして誰なのでしょうか?

 

ハナの伯父ソン・マノが登場し、ハナの過去がまた少し描かれました!

ハナが悔しそうにマノからお金を借りる姿が痛々しかったです...

マノは悪霊に取りつかれており、すでに1人が犠牲に。

カウンターズはマノによって2人目の犠牲者が出るのを防ぐことができるのか!

 

気になったのはチョンシンとヒョグがすれ違うシーン。

チョンシンはヒョグを同類だと感じ「またな」と声をかけました。

今後ヒョグが何らかの形でチョンシンと関わっていく予感!

 

最後はカウンターズの車にチャンギュらのトラックが衝突!

何度も追突される悲惨なシーンでしたが、全員怪我を負いながらも生還しました!

生命力がすごい!

カウンターズは、貯水池を見つけ出し、ヨンニムの事件の真相を暴くことができるのでしょうか!

リズ
早く8話が観たい!

\カウンターズ第8話はコチラ

【悪霊狩猟団:カウンターズ】第8話あらすじ・感想(ネタバレあり)
【悪霊狩猟団:カウンターズ】第8話あらすじ・感想(ネタバレあり)

こんにちは、リズです。 7話では、チョンシンを捕まえるため、カウンターズが再び結束する様子が描かれました。 一方、チョンシンは廃車場から姿を消し、指名手配犯となりました。 ハナの伯父ソン・マノが登場し ...

続きを見る

\カウンターズ第6話はコチラ

【悪霊狩猟団:カウンターズ】第6話あらすじ・感想(ネタバレあり)
【悪霊狩猟団:カウンターズ】第6話あらすじ・感想(ネタバレあり)

こんにちは、リズです。 5話では、ムンが地を呼べる能力を有していることが判明しました。 新たに出現したレベル3の悪霊にカウンターズは苦戦。 ハナは記憶を読まれ、哀しい過去が明らかに。 一方、チョン会長 ...

続きを見る

あなたにおすすめの記事

-悪霊狩猟団:カウンターズ

© 2021 エンタメ☆彡パラダイス