悪霊狩猟団:カウンターズ

【悪霊狩猟団:カウンターズ】第4話あらすじ・感想(ネタバレあり)

【悪霊狩猟団:カウンターズ】第4話あらすじ・感想(ネタバレあり)

こんにちは、リズです。

3では、ムンがカウンターとしてデビューを果たしました。

しかし、悪霊を殺す寸前まで殴るなど、ムンは怒りを制御できず。

ハナが不意にムンの記憶を読んだことから、彼の両親は何者かに計画的に殺された可能性が浮上しました。

また、その事故はモタクの事故と同日に起きたことが判明し、モタクは真相を追求することに。

最後は、ヒョグがウンミンとジュヨンを拉致し...というシーンで終わりました。

 

続きの4話では、どんな展開が描かれるのか?

ムンは親友2人の命を救うことができるのでしょうか?

また、ソ親子を襲った事故とモタクの事故に隠された真実とは一体!

 

リズ
今回は4話のあらすじと感想です。ネタバレありなのでご注意ください!

『悪霊狩猟団:カウンターズ』 第4話あらすじ(ネタバレなし)

友達を傷つけたいじめっ子に対して怒りを爆発させるムン(チョ・ビョンギュ)だが、この暴走ぶりが問題視されてしまう。かつて自分が使っていた携帯電話を取り戻すモタク(ユ・ジュンサン)。

引用元:Netflix

『悪霊狩猟団:カウンターズ』 第4話あらすじ※ネタバレあり

ムンの怒り

ウンミン(キム・ウンス)とジュヨン(イ・ジウォン)をヒョグ(チョン・ウォンチャン)たちに拉致され、学校の裏の廃墟に向かったムン(チョ・ビョンギュ)。

到着すると、大勢の不良たちが待ち構えていました。

血を流して倒れている親友2人の姿を見たムンは怒り震えます。

すると、カウンターの領域である「地」が出現。

その頃、ユンではウィゲン(ムン・スク)が「ソ・ムンが人を殺しそう...」と苦しみ出します。

一方、突如出現したこれまで見たことのない「地」を目撃したメオク(ヨム・ヘラン)らは急いで現場へ。

怒りの赴くまま不良たちをなぎ倒していくムン。

ヒョグを殺す寸前でモタク(ユ・ジュンサン)に止められます。

メオクは狼狽し、「パワーを軽はずみに使わないで!」とムンを厳しく注意。

ムンは「僕が処罰を受けます」と告げ、駆けつけた警察に連行されるのでした。

スポンサーリンク

心強い味方

警察へ連行されたムン。

怪我を負った不良生徒たちの保護者が大勢詰めかけ、ムンを罵倒します。

するとそこへ、カウンターズの経費担当ジャンムル(アン・ソクファン)がハナ(キム・セジョン)を連れて登場。

ジャンムルはムンの後見人を名乗り、現場に残された金属バットの数々を証拠として見せると、ムンの正当防衛を主張します。

そして、加害者全員を処罰するよう熱く求めるのでした。

スポンサーリンク

祖父母の涙

帰宅したムン。

学校から連絡を受け心配していた祖父母に出迎えられます。

すると、ムンは杖を下に置き、歩ける姿を披露。

祖父母は驚きつつも、「よかった」と涙を流して喜ぶのでした、

スポンサーリンク

元恋人同士

キム・ジョンヨン(チェ・ユニョン)のチームに見習い刑事カン・ハヌル(イ・ギョンミン)が配属されてきます。

ピョ課長が指名手配犯イム・ジェチョルを釈放したと知り、苛立ちを覚えたジョンヨンは署長チェ・スリョンの元へ。

「モタク先輩と一緒に葬ったあの事件は何だったんです!」と感情を露わにし、「あの日以来、ヤクザの飼い犬も同然です!」と本心を言い放ちます。

その後、モタクと会うジョンヨン。

頼まれていた携帯をモタクに渡し、「恋人同士でした。私と先輩」と打ち明けます。

モタクは驚愕し、「もしや、7年間...待っていた?」と確認しますが、ジョンヨンは「今は待ってません」ときっぱり否定するのでした。

スポンサーリンク

メオクの熱い思い

ユンでは、ムンが不良たちをこらしめた一件により、私的な復讐に力を使うのは違反だとしてムンのカウンター資格剥奪が論議されていました。

じっとしていられず、ユンに乗り込むカウンターズ。

モタクのパートナー・ギラン(キム・ソラ)は「カウンターが殺人を犯せば、私たちも死ぬわ」と主張します。

するとメオクは「私たちは命懸けで仕事してる!」と反論し、ムンについて「適応力も勇気もある。決断力に判断力。あんたたちより100倍大事な私の家族なの」と力説。

ムンは涙を浮かべ、「今日の恩を必ず返します」と誓います。

メオクは「一度でいい。親の顔を見るのが願いだと言ってるのに。あの子を守りなさい!」とムンとの約束を守るようウィゲンに熱く訴えました。

結果、ムンの資格剥奪は無効に。

その後、ルールを破ってムンの両親の霊を捜すことにしたウィゲン。

しかし、両親が亡くなった2013年の情報は存在しないのでした...

スポンサーリンク

キム・ヨンニム失踪事件

携帯電話のデータを業者に復旧してもらったモタク。

すると、以前キム・ヨンニム199234日生まれ)という女性の失踪事件を追っていたことが明らかに。

ジョンヨンに身元照会を頼むと、ヨンニムは2013916日に失踪し、5年後に死亡と処理されていることが判明。

7年前自身を襲った人物とソ・ムンの父親を殺した人物が同一人物だと推測するモタクは2つの事件を詳しく調べようとしますが、資格剝奪を心配するメオクに止められます。

しかしモタクは「悪霊より、もっとひどい奴らがいる」と思いを露わに。

死亡する前の最後の通話相手がソ・グォンだったことをモタクが打ち明けると、顔色を変えるハナとメオク。

モタクは「記憶はないけれど、知ってる番号だった」と告げ、ソ・グォンの番号に電話します。

すると、姉貴麵屋の外で着信音が。

モタクが驚いて外に目を向けると、そこにはムンの姿が...

スポンサーリンク

チョンシンの狂気

ある廃車場で働く、チョルジュンを殺したレベル3の悪霊の宿主チョンシン(イ・ホンネ)。

お父さんと呼ぶオーナーに市長後援会のチョン会長の調査を頼まれます。

ある夜、チョンシンはチョン会長を縛り上げると、狂気を帯びた表情で彼の体をハサミで切り刻んでいくのでした...

『悪霊狩猟団:カウンターズ』 第4話感想

胸を打たれたのは、カウンターの資格剥奪のピンチに陥ったムンを救ったメオクの熱弁!

まるで母親のような立場でムンを擁護する姿が印象的でした!

肝の座ったメオクのリーダーシップがかっこいい!

 

今回、モタクやメオクのパートナーの姿が判明しました!

パートナー4人が白い空間で過ごす様子は、何だか神々しい雰囲気!

驚いたのが、メオクのパートナー・スホがメオクの息子であること!

どういう経緯で亡くなり、母親メオクをパートナーに選んだのか気になりますね!

 

カウンターの一人で、経費担当のジャンムルがムンの窮地に登場し、警察や教職員をまとめて叱責する姿は痛快でした!

カウンターズにとってだけでなく、ムン個人にとっても心強い味方ですね!

 

モタクとジョンヨンが元恋人同士であることが明らかに!

今後の2人の関係にも注目ですね!

 

モタクの元職場「チュンジン警察署」はどうやら悪事に関わっているようです!

ジョンヨンのいう、モタク先輩と一緒に葬ったあの事件とは一体?

また、モタクが7年前に追っていたキム・ヨンニムという女性の失踪事件とは?

 

チョルジュンの仇でレベル3の悪霊を宿すチョンシンが再登場!

老人を縛り上げ、凶器で痛めつけていく様子はおぞましい光景でした...

強敵として再びカウンターズの前に現れそうな予感です!

 

最後、モタクが電話したソ・グォンの番号に出たのはムン!

モタクが真相を追う2つの事故はどうつながり、何が明らかとなるのか!

リズ
早く5話が観たい!

\カウンターズ第5話はコチラ

【悪霊狩猟団:カウンターズ】第5話あらすじ・感想(ネタバレあり)
【悪霊狩猟団:カウンターズ】第5話あらすじ・感想(ネタバレあり)

こんにちは、リズです。 4話では、ムンがカウンターの資格剥奪の窮地に立たされました。 しかし、メオクの必死の説得により、何とか剥奪は無効に。 7年前、モタクは”キム・ヨンニム”という女性の失踪事件を追 ...

続きを見る

\カウンターズ第3話はコチラ

【悪霊狩猟団:カウンターズ】第3話あらすじ・感想(ネタバレあり)
【悪霊狩猟団:カウンターズ】第3話あらすじ・感想(ネタバレあり)

こんにちは、リズです。 2話では、ムンが両親に会うという条件でカウンターズの仲間になりました。 メオクに脚を治してもらったムンは7年ぶりに歩けるように。 ムンは子供の命を救ったことをきっかけにカウンタ ...

続きを見る

あなたにおすすめの記事

-悪霊狩猟団:カウンターズ

© 2021 エンタメ☆彡パラダイス