イカゲーム

【イカゲーム】6話あらすじ・感想(ネタバレあり)〜カンブ〜

5では、ギフンチームがサンウの作戦を実行し第3ゲーム「綱引き」を生き残ることに成功しました。

ギフンは昔起こしたストで会社の同僚を失ったことが明らかに。

一方、進行係を殺してしまい逃走したビョンギは、不正行為がフロントマンに知られ、射殺されました。

そしてフロントマンは外からのスパイが29番と入れ替わっていることを突き止め、大捜索を開始。

最後は、ジュノが歴代のゲーム優勝者の名簿から兄ファン・イノの名前を発見し...というシーンで終わりました。

 

続きの6話では、潜入がバレてしまったジュノはこの窮地をどう切り抜けるのか?

また、次に生存者たちを待ち受ける4ゲームの内容は一体!?

リズ
今回は6話のあらすじと感想です。ネタバレありなのでご注意ください!

『イカゲーム』6話あらすじ(ネタバレなし)

6.カンブ
2人一組で臨んだ第4ゲームで究極の選択を迫られるギフン(イ・ジョンジェ)。自分が生き残る決断をするサンウ(パク・ヘス)。今まで誰にも言えなかった話を他人に打ち明けるセビョク(チョン・ホヨン)。

引用元:Netflix

『イカゲーム』6話あらすじ※ネタバレあり

違反者の末路

スパイを捜索する中、フロントマンはゲーム続行を指示します。

中央に集められた参加者たちは、第4ゲームの会場へ案内されます。

すると途中の階段で、息を吞む光景が。

不正を行っていた進行係たちと111番ビョンギ(ユ・ソンジュ)の死体が吊るされていたのです。

ルールに背き、純粋な理念を汚した者の末路だという...

一方、資料室でゲーム記録などを写真に収めていくジュノ(ウィ・ハジュン)。

すると突然電話が鳴り響き、フロントマンが登場します。

電話に出たフロントマンは、VIPたちの到着に備えゲームは予定通り進めることを報告するのでした。

ペア決め

4のゲームは、21組で行うゲームだと発表されます。

一緒にゲームをしたい相手を選ぶよう指示される参加者たち。

サンウ(パク・ヘス)はアリ(アヌパム・トリパティ)とペアを組みます。

セビョク(チョン・ホヨン)を誘った240番ジヨン(イ・ユミ)は「絶対に勝たせてあげる。どんなことをしても」と約束し、2人はペアに。

続々とペアが決まる中、ギフン(イ・ジョンジェ)はなかなか決まらず。

悩んだ末、ペアができずにいた001番の老人(オ・ヨンス)に手を差し伸べ、ペアになりました。

一方、誰からも相手にされなかったミニョ(キム・ジュリョン)は一人だけ余ることになり、進行係たちに連行されていくのでした。

スポンサーリンク

4のゲーム

4ゲームの会場は、昔の町並みを再現したノスタルジックなセットでした。

袋を1つずつ受け取った参加者たち。

中にはビー玉が10個入っており、第4ゲームは「ビー玉遊び」であることが判明します。

昔得意だったというギフンと001番は「カンブ」(同じ町でビー玉やめんこを共有する友達のこと)の契りを交わすなど、明るいムードに。

ギフンは「皆のビー玉を奪いましょう!」と満面の笑みを見せますが、その直後表情は一変。

「今回は各自が手持ちのビー玉を賭けて、いま隣にいるパートナーと対戦し、相手のビー玉を全部奪った側が勝ちです」とアナウンスされたからです。

思わぬ展開に参加者たちの顔が曇る中、制限時間30分のゲームがスタートするのでした...

サンウとアリ

ゲームの開始に躊躇するアリに、「このまま何もせず、2人で死ぬか?それともお前が死ぬか?」と決心を促すサンウ。

覚悟を決めた2人は、持っているビー玉の数が奇数か偶数かを当てるゲームを始めます。

勝負はアリが勝ち続け、サンウの手持ちの玉は残り1個に。

するとサンウは「お前ズルしてるだろ」と急に表情を豹変させ、アリに暴力をふるおうとします。

進行係に銃を向けられ、正気に返ったサンウはアリに涙ながらに謝罪。

そしてサンウは2人とも助かる方法があるとアリに告げます。

「時間内に勝負がつかなければチーム戦になるはずだ」と告げ、2人は二手に分かれて他のぺアを偵察しに行くことに。

サンウは安全のためにと、アリの袋を預かりますが、アリが一瞬目を離した隙にこっそり偽物とすり替え、アリに渡します。

そして「残り3分になったら戻れ。作戦を教えるから」と指示。

アリがその場を離れると、サンウは揃えた20個のビー玉を入れた袋を進行係に渡します。

残り3分となり、アリは元の場所に戻りますが、そこにサンウの姿はなく。

袋の中身を確認すると、入っていたのは石ころ。

サンウに騙されたことを知ったアリは、無情にも脱落となるのでした...

スポンサーリンク

セビョクとジヨン

一方、セビョクとジヨンのぺアは、ジヨンの提案で一発勝負で決着をつけることに。

それまで雑談することにし、2人は互いのことを語り合います。

ジヨンに聞かれるまま、セビョクは北から弟と一緒に来て両親とは離れ離れになったこと、賞金を手にしたら弟や母と住む家を手に入れること、済州島に行きたいことなどを打ち明けました。

ジヨンも母親を父親に殺されたこと、その父親を自身が殺害したことなどを告白。

今回のゲームへは、出所した日に刑務所の前で名刺を渡され、行く当てがなく参加したのでした。

そのため、賞金を手にした後のことは考えたことがないという。

セビョクとジヨンが話していると、ついに制限時間が残り3に。

2人は玉を投げて壁までの距離が短い方が勝ちというルールでゲームを開始。

試合前、2人は互いの名前を初めて教え合いました。

ジヨンの提案でセビョクから投げます。

次はジヨンの番になりますが、玉をわざと自分の前にポトリ。

セビョクはジヨンの胸ぐらを掴み、「これが勝たせてあげるって意味?私が感謝するとでも?」と詰め寄ります。

ジヨンは「私にはない。あんたにはここを出る理由がある。私にはない」と勝ちを譲った理由を告白。

そして、涙ぐむセビョクに「必ず生きて出てね。そしてお母さんと弟と暮らしな。済州島にも行って」と激励します。

最後にジヨンは、満面の笑みで「セビョク!ありがとう。私と遊んでくれて」と言い残し、脱落となるのでした...

ギフンとイルナム

一方、001番の老人が認知症を発症し、なかなかゲームを始められずに焦るギフン。

「しっかりしてくれ!このままじゃ2人とも死ぬぞ!」と必死に説得した結果、やっとゲーム開始に。

手持ちの玉が奇数か偶数かを当てるゲームを行いますが、001番が勝ち続けます。

そしてついにギフンの手持ちの玉が残り1個に。

ここでギフンは001番が認知症であることを利用し、騙してビー玉を奪っていきます。

そしてついに001番の玉の残りが1個に。

しかしここで、001番が再びセット内をさまよい始めます。

ギフンが涙を流しながら「しっかりして!」と訴えると、001番は全ての玉を賭けて一発勝負することを提案。

「そんなの勝手だ!」と猛反対するギフンに、001番は「あんたが俺を騙し、ビー玉を奪ったことはズルくないのか?」と尋ねます。

2人の間に流れる沈黙。

すると001番はギフンに残り1つのビー玉を渡し、「受け取れ。あんたのだ。私たちはカンブだろ?」と笑顔を見せます。

そして「今までありがとう。あんたのおかげで本当に楽しかったよ」とお礼を言います。

ギフンを抱擁し、「心配ない。きっと全てうまくいく」と励ましの言葉をかけました。

ここで制限時間30分が終了。

別れ際、001番は「俺は名前を思い出した。俺の名前はオ・イルナムだ」とギフンに教え、その直後銃声が。

号泣しながら会場を後にするギフン。

そして「001番、脱落」のアナウンスが流れるのでした...

『イカゲーム』6話感想

4ゲームは衝撃と感動の連続でした!

てっきりペアで共闘するかと思いきや、まさかの対決...

これまで信頼し合ってきた相手と勝負するという展開は残酷すぎました...

 

その結果、数々のドラマが生まれましたね!

まずはサンウとアリのペア。

友情や信頼関係を育みつつあった2人の勝負はとても辛かった...

兄貴と慕い信じていたサンウにアリが裏切られるという衝撃の結末に愕然!

サンウには非道さを感じましたが、ある意味で人間味のあるキャラクターだとも思えました。

生死がかかった局面では、どんな人間の本性が出るか分からないということを思い知らされた...

 

セビョクとジヨンのパートには感動!

通じるものがあったのか、セビョクがジヨンと打ち解けていく姿が印象的でした!

どちらかが死ぬにもかかわらず、あっけらかんとした表情で「一緒に済州島に行く?」などと発言するジヨンの姿には、悲しい気持ちに...

ゲームの外の世界で交流する2人の姿が見てみたかった!

ジヨンに激励されたセビョクはゲームに生き残ることができるのか?

 

ギフンと001番のゲームにも引き込まれました!

これまで人柄がいい印象だったギフンが001番を騙して玉を奪う姿にはショックを受けました。

葛藤や罪悪感に包まれているギフンの表情が見ていて辛かった...

また、001番の名前が「オ・イルナム」だと判明!

イルナムは騙されていたことを責めることなく、最後はギフンに勝たせてあげましたね!

イルナムの優しさに号泣!

 

一方、運営側にも動きがありそうです!

まもなく到着予定のVIPとは一体どんな人物たちなのでしょうか?

ジュノは無事に捜索の手から逃れられるのか!?

物語はついに佳境に!

リズ
早く7話が観たい!

\イカゲーム第7話はコチラ

【イカゲーム】7話あらすじ・感想(ネタバレあり)〜VIPたち〜
【イカゲーム】7話あらすじ・感想(ネタバレあり)〜VIPたち〜

6話では、ペアを組んだ相手と戦う第4ゲーム「ビー玉遊び」が行われました。 アリとペアを組んだサンウは、非情にもアリを騙して勝者に。 セビョクとジヨンのペアは試合前にお互いのことを語り合ってから試合を始 ...

続きを見る

\イカゲーム第5話はコチラ

【イカゲーム】5話あらすじ・感想(ネタバレあり)〜平等な世の中〜
【イカゲーム】5話あらすじ・感想(ネタバレあり)〜平等な世の中〜

4話では、少ない食事を巡って参加者同士の乱闘が行われました。 多くの犠牲者が出る中、互いを守り合ったギフンらは無事に生き延び、新たにセビョクを仲間に加えました。 一方、医者ビョンギ(111番)は、一部 ...

続きを見る

あなたにおすすめの記事

-イカゲーム

© 2021 エンタメ☆彡パラダイス