梨泰院クラス

【梨泰院(イテウォン)クラス】パク・セロイの名言集を全て紹介!

こんにちは。リズです。

「梨泰院クラス」でパク・セロイの心を揺さぶる名言が多く登場します。

「あの名言をもう一度聞きたい」と思っていても見直すには、1話あたり60分から70分あるし、全16話から探すのが大変です。

そんな時間がない方のために、名言をまとめてみました。

あなたが探していた名言が見つかると良いですね!

第1話

校長室にて

いじめをやめないグンウォンにたしてセロイが殴り怪我を負わせます。

校長室にて、グンウォンの父親であるチャン・デヒから土下座して謝罪するように命じる場面。

「過ちを犯したら罰を受けるべきと父から教わり、また人は信念を持って生きろとも教わりました。」

「クラスメイトがいじめられ先生は黙認しました。見ていられず止めました。でもやめないので殴りました。」

「僕が悪いので罰を受けます。でもグンウォンには謝りません。申し訳ないと思わないので。」

 

第2話

刑務所へ入所初日

同部屋の先輩から「ぼーっと突っ立ってないで、先輩に土下座してあいさつしろ」と言われる場面。

セロイは心の中でこう思うのでした。

「土下座ができれば人生は楽になるのだろうか」「でも俺はあなたの息子だ」

「これからも信念を貫く」「何も悪い事をしていないのに謝ることはない。」

そしてセロイは同部屋の先輩たちに、手荒い洗礼(いびり)を受けるのでした。

スアが面会

スアがクァンジン大学に合格し、長家(チャンガ)から奨学金をもらえることを報告しました。

その奨学金とは、あの事件(グンウォンを石で殺そうとした)の日にセロイの事を通報したお礼でした。

自分はセロイみたいに強くないし、卑怯者だと謝罪しましたがセロイは許しました。

そしてセロイはスアに感謝しました。

なぜならあの時に通報してくれなければ、傷害罪ではなく殺人罪であったからです。

「自分の決定に忠実になれ」「お前は何も悪くない」と逆にスアのことを励ましました。

スアと偶然の再会

セロイがスアを背中におぶって、家に送る場面。

スアはセロイに謝ります。セロイにとって長家がどんな存在か知りながら、就職先に決めてしまったこと。

しかしセロイは恨むどころかスアに感謝します。

服役中にもらった手紙が、天涯孤独になった自分にとってとても大きな力になったからです。

「恨むなんてとんでもない。お前は必死に生きているだけだ。感謝の気持ちしかない。」

第3話

警察署にて

セロイの店で未成年飲酒の騒動が起きます。

警察署にて、セロイたちは、2か月の営業停止処分を言い渡されます。

そこへ、グンウォンが現れます。

グンウォンは警察官と話し、セロイたちに助け舟を出そうとしました。

「常務のご友人なら、便宜を図れます」と急に態度を変える警察官。

しかし、セロイはその警察官の態度に怒りをあらわにし、

「僕の夢は警察官だった。前科者は警察官になれない。だから諦めました。」

「警察は法を守る仕事だから、誰より潔白であるべきだから!それこそ僕が夢見た警察官だから!」

「でも今、あなたは何を?こいつは大統領か?なぜこいつの一言で公権力が動く!」

セロイの宣言

警察署を飛び出したセロイをイソは追いかけます。

2か月の営業停止を受け入れたセロイにイソは「プライドのため?商売人は妥協しないと。これで商売できる?1回だけ我慢すれば...」と反論。

イソの言葉に対しセロイは声を荒げ

「1回だけ?今1回、最後に1回、もう1回!一瞬は楽になる。」

「だけど、繰り返すうち人は変わる。営業停止なら、また店を開ければいい。大したことないさ」

 

第4話

グンウォンに宣言するセロイ

「9年間、耐えてきた。あと6年は耐える。お前の時効まで。俺の計画は...15年がかりだ」

とグンウォンに宣言するセロイ。

グンウォンは「何の話だよ」と問うグンウォンに、セロイは「お前の時効だ」と返します。

そして「根性と気合いを、とくと見せてやる。その日を、待ってろよ」と言い、その場を後にしました。

スングォンがセロイと出会う

刑務所でセロイとスングォン(リュ・ギョンス)は出会います。

スングォンは、常に読書をしているセロイに声をかけます。

「何のために本を読む?俺たち貧乏人なんか勉強しても無意味ですよ」と言うスングォンに対し、セロイは反論。

「自分の価値を自分で下げて安売りするバカめ」というセロイの言葉にスングォンは怒り、セロイを殴ります。

セロイは立ち上がり、「価値は自分で決める。俺の人生は、これからだ!必ず成功してやる」と強く言い放つのでした。

イソとセロイが二人で飲む

タンバムと名付けた理由について聞かれたセロイ

「俺の人生は、とても苦い。少しでいいから、苦い夜を、俺の人生を、甘くしたかった」

と答えるのでした。

第5話

イソがヒョニの料理人としての実力不足を指摘する

接客中、お客さんから髪の毛が混入している、味が薄いなどの苦情が上がります。

イソは料理担当のヒョニに注意し、料理の実力不足を責めます。

ヒョニは、セロイが以前働いていた工場の同僚だったのです。

セロイだけは唯一、ヒョニがトランスジェンダーだと知っていました。

タンバムの今後を案じたイソはヒョニの解雇をセロイに訴えます。

セロイはヒョニを呼び、今月分の給料を渡します。

解雇を覚悟したヒョニですが、セロイは

「2倍の給料を入れた。この店が好きなら、2倍努力しろ」

と告げるのでした。

そして

「自分は前科者。イソ、グンス、スングォンは店で騒ぎを起こし営業停止にさせた。」

「だがヒョニは何も問題を起こさず、一生懸命働いている。」

「トランスジェンダーという理由で一緒に働けないやつがいたら、言ってみろ。それが誰であれ、俺はクビを切る」

と言い、イソの方を伺います。

第6話

スアの嘘を知ったセロイ

恋愛の勝負でハンデを貰っていると感じたイソは、タンバムを一時営業停止にさせた未成年飲酒の警察への通報は、実はスアがしたことではないとセロイに打ち明けます。

真実を知ったセロイは急いでスアの元へ駆け出していきます。

セロイと長家(チャンガ)の間で板挟みとなっていたスアの苦しみに初めて気付いたセロイ。

バス停にいるスアの元に辿り着くと、「ごめん。自分のことだけ考えてた。苦しめてごめん」と謝ります。

そして「つらいだろうけど、少しだけ辛抱してくれ。もう苦しめたくない。」

「俺に何をしてもいい。前にいっただろう。”お前が何をしようが、俺はゆるがない”と」

「長家(チャンガ)は、俺が始末する。あの会社から解き放ってやる!」とスアに宣言するのでした。

 

第7話

チャン・デヒがタンバムで食事をする

デヒが、スアやグンウォンらを連れてタンバムに来店。

セロイが料理を提供しに来ると、デヒは「長家(チャンガ)の株を買ったな?」とセロイに問います。

食事を終えたデヒは「長家(チャンガ)を相手にするのは無理だ。君を敵だと思わないことを幸いだと思え。パク部長に免じてだ。おとなしく生きろ」とセロイに言い、帰ろうとします。

帰ろうとするデヒに「おとなしく?無理です。信念と気合いが僕の生き方です」とセロイは言い、デヒに近づきます。

そして「では正直に言います。ゆっくりでも僕は一歩ずつ進んでいて、ゴールはあんただ」と告げました。

続けて「父に免じて?笑わせるな。あんたが唯一できるのは土下座して罪を償うこと。僕がそうさせます」と宣言。

 

第8話

セロイとデヒが火花を散らす

デヒからの電話で言われた通り、長家(チャンガ)を訪ねたセロイ。

デヒは、「君が別のビルで店を開いても、そのビルも買うつもりだ。君が借りたら、どのビルも買ってやる」とセロイを脅します。

セロイは「望みは何ですか?」と尋ねます。

「土下座して謝れ」と言うデヒ。

セロイも「土下座ができず退学になった日、”誇らしい息子だ”と父に褒められました。高校やビルから僕を追い出しただけで、あんたは、僕から何一つ奪っていない」とデヒに対抗。

そして「真の強さとは人から生まれます。みんなの信頼が僕を強固にしてくれる。僕は、もっと強くなります」と強く宣言します。

「商売できなければ、人もいなくなるぞ」と言うデヒに、「人がいるから商売できるのです」と答えるセロイ。

セロイの望み

「望みは復讐だけ?」と尋ねるミンジョンに、セロイは

「僕が欲しいのは、自由です。」

「僕と仲間が誰にも脅かされないよう、自分の言動に力が欲しい。」

「不当なことや権力者に振り回されたくない。」

「自分が人生の主体であり、信念を貫き通せる人生。それが目標です」

と自身の望みを語りました。

 

第9話

なし

第10話

なし

第11話

なし

第12話

ヒョニがカミングアウトする

落ち込むヒョニをセロイは

「お前は俺が知り得る中で一番勇敢で、キレイな女だ」

と工場時代一緒に働いていたときにかけた言葉で慰めます。

「味で納得させてやります」と意気込むヒョニに、セロイは

「好奇の目に耐えてまですることではない。お前はお前だから、他人を納得させなくていい」とやさしい言葉をかけます。

 

第13話

なし

第14話

なし

第15話

セロイが夢の中で父と再会する

昏睡状態のセロイは、父パク・ソンヨル(ソン・ヒョンジュ)と再会する夢を見ていました。

二人だけの時間を過ごします。

そして、橋の前までやって来ると、ソンヨルは「この橋を渡れば、二度と苦い夜が来ない所に、もうすぐで着く」とセロイに告げます。

「今まで、つらかっただろ?」と聞くソンヨル。

涙を浮かべながら「1日も、楽な日はなかった」と懸命に言葉を絞り出すセロイ。

「父さんが恋しかった。誰かを憎みながら生きること自体がつらかった」と本音を漏らし、ソンヨルを抱きしめます。

そして「生まれ変わっても、父さんの息子でいたい。大好きだよ」と告げ、体を離しました。

セロイはイソを思い出しながら

「俺は行かない。デートがある。ごめん。この先はもう、苦い夜ばかりじゃないよ。俺を必要とする仲間がいて、彼らと過ごす明日がワクワクするし、待ち遠しい」と微笑み、

「父さんには、もう会えない。でも、その恋しさを胸に抱いて、生きていくよ」と宣言しました。

第16話

セロイがデヒに失望する

言われるがままにデヒ(ユ・ジェミョン)の前でひざまづいたセロイ(パク・ソジュン)。

デヒは高笑いし、「どうしたんだ?信念はどこへ行った?負けを認めるんだぞ」と告げます。

一心にグンウォン(アン・ボヒョン)の居場所を尋ねるセロイ。

デヒは「人生最後のイベントだったのに、実にがっかりだ。そんな土下座のために、俺はまた息子を捨てるのか」と言い、グンウォンの居場所をメモに記しました。

メモを渡そうと近づいたデヒから「君は敵にひざまずいた。気分はどうだ?」と聞かれると、

セロイは「情けないです。会長はどんな気分ですか?こんな風に土下座をさせてうれしいですか?爽快ですか?」とデヒに問います。

立ち上がったセロイは、

「今まで、復讐だけを胸に生きてきました。長家(チャンガ)の会長チャン・デヒ。憎き敵。」

「僕を地獄に突き落とした人でありながら、すごい男でした。値観は違えども尊敬してました。」

「だから、あんたに勝つことに人生の全てを懸けた。それだけの価値がこの闘いにはあった。」

「それほどの男が、勝つために人質事件を利用するとはね。こんな老いぼれの後を十数年も追ってきたとは。情けなくてたまらない。それだけです」とデヒに言い放ちました。

デヒの手からメモをひったくったセロイは、最後に「十数年たって、やっとあんたのことが分かった」と告げて部屋を出ていくのでした。

 

セロイがイソにキス

イソの思いを聞いたセロイは、これまでの出来事を思い返しながら

幸せになりたかった。自分を見失うことなく、夢を全て叶えたかった。

苦しい日々があった。時には不安におびえた。でも耐え抜けた。

大事な仲間たちと夢に向かって忙しく過ごした日々。仲間がいたからだ。この先も、仲間でいよう。幸せでいるために

と心の中で思います。

まとめ

如何でしたでしょうか。

あなたが探していた名言は見つかりましたか?

何度見ても良い作品だと思います!

リズ
以上参考にしていただければ幸いです。

-梨泰院クラス

© 2020 エンタメ☆彡パラダイス