サイコだけど大丈夫

【サイコだけど大丈夫】6話あらすじ・感想(ネタバレあり)〜青ひげの秘密〜

【サイコだけど大丈夫】6話あらすじ・感想(ネタバレあり)

こんにちは、リズです。

 

5話では、ムニョンがガンテの部屋で過ごし、強引に泊まる様子が描かれました。

また、ガンテを巡ってジュリとムニョンが大喧嘩。

ジュリは意を決してガンテに告白を試みましたが、振られる結果になってしまいました。

そして最後は、昔出会った少女がムニョンだと気付いていたガンテがサンテを迎えにムニョンの屋敷を訪れ...というシーンで終わりました。

 

続きの6話では、ガンテがムニョンのことに気付いた理由が描かれるのでしょうか。

また、ジュリとムニョンの幼い頃の関係が明かされるのでしょうか!

 

リズ
今回は6話のあらすじと感想です。ネタバレありなのでご注意ください!

 

『サイコだけど大丈夫』6話あらすじ(ネタバレなし)

サンテ(オ・ジョンセ)がムニョン(ソ・イェジ)とある契約を結んだことを知ったガンテ(キム・スヒョン)は、難しい決断を迫られる。病院で出会った患者の行動に、大きく心を揺さぶられるムニョン。

引用元:Netflix

 

『サイコだけど大丈夫』6話あらすじ※ネタバレあり

6話の登場人物

  • ムン・ガンテ(キム・スヒョン)
  • コ・ムニョン(ソ・イェジ)
  • ムン・サンテ(オ・ジョンセ)
  • ナム・ジュリ(パク・ギュヨン)
  • チョ・ジェス(カン・ギドゥン)
  • イ・サンイン(キム・ジュホン)
  • ユ・スンジェ(パク・チンジュ)
  • オ・ジワン(キム・チャンワン)
  • カン・スンドク(キム・ミギョン)
  • パク・ヘンジャ(チャン・ヨンナム)
  • ソン・ビョル(チャン・ギュリ)
  • グォン・ミンスク(ソジュン)
  • オ・チャヨン(チェ・オソン)
  • コ・デファン(イ・オル)
  • カン・ピドン(キム・ギチョン)
  • チュ・ジョンテ(チョン・ジェグァン)
  • イ・アルム(チ・ヘウォン)
  • パク・オンナン(カン・ジウン)
  • ユ・ソネ(チュ・イニョン)
  • カン・ウンジャ(ペ・ヘソン)

詳しいキャスト・相関図はこちら⇒【サイコだけど大丈夫】キャスト・登場人物・相関図(日本語)の紹介

【サイコだけど大丈夫】キャスト・登場人物・相関図(日本語)の紹介
【サイコだけど大丈夫】キャスト・登場人物・相関図(日本語)の紹介

こんにちは、リズです。 韓国だけでなく日本や東南アジアでも人気の韓国ドラマ『サイコだけど大丈夫』。 韓国では「最高の癒しドラマ」と称賛され、幅広い年齢層の視聴者の心をくぎ付けにしました。 ここでは異色 ...

続きを見る

 

サンテがガンテに怒り狂う

「いつから気付いてたの?」

サンテ(オ・ジョンセ)を迎えにムニョン(ソ・イェジ)の屋敷を訪れたガンテ(キム・スヒョン)に、ムニョンはそう尋ねます。

ガンテは「多分、初めて君の目を見た日から」と答えました。

ガンテの答えに気を悪くしたムニョンは「鳥肌ものの演技ね。知らないふりをして卑劣に私を弄んで面白かった?」と問います。

ガンテは「君だって、気付くのを待ってたよな?だけど知らないふりをしたかったんだ」と返しました。

打ち明けた理由を尋ねるムニョンに、ガンテは「未練を断つためだ。ありがとう。あの日凍った川で助けてくれて。好きだったのに、逃げて悪かった。あの日お礼を言えず、後悔してた。悔いとなって、忘れられなかった」と語りました。

ムニョンは、立ち去ろうとするガンテの腕を掴むと、必死な様子で「なぜ私はダメなの?あなたが必要なのよ」と告げます。

ガンテは「これ以上誰かの必要な人になりたくない」と心境を明かしました。

ムニョンは食い下がり、「行かないで。一緒に暮らそう」と提案します。

そこへ、目覚めたサンテが顔を見せます。

ガンテはサンテを連れて帰ろうとしますが、サンテは「ここが僕らの家になった。ついに僕も”先生”になるんだ」と嬉しそうに契約書を取り出しました。

ムニョンは「契約したの。私の挿絵画家よ。ここで作業を」と説明。

ガンテは「ここは僕らの家じゃない!」とサンテに怒鳴り、強引にサンテから契約書を奪い取って破りました。

するとサンテは興奮状態になり「それは僕のものだ!ムン・サンテはお前のものじゃない!」と叫んでガンテに突進、二人とも屋敷の外へ飛び出します。

サンテはガンテにまたがり、「僕は僕自身のものだ!お前のものじゃなくて僕のものだ!」と叫びながらガンテを一方的に殴り続けました。

ムニョンが仲裁に入ると、サンテは落ち着きを取り戻して屋敷の中へ戻っていきました。

放心状態で倒れているガンテに、ムニョンは「捨てられたわね。2つに1つよ。あなたも兄を捨てるか、兄に縛られて生きるか。決めたら、今度は逃げないで」と告げて、屋敷の中へ。

ガンテはのろのろと歩き、屋敷を去っていきました。

 

ガンテとムニョンの出会い

帰り道、ガンテは幼い頃を思い返します。

道場で赤帯を取り、嬉しそうに母親に報告しに帰宅したガンテ。

しかし、母親は「サンテを一人で帰したわね!サンテを守ってもらうために道場に通わせたのよ」とガンテに激怒。

我慢できなくなったガンテは「僕は兄ちゃんを守る人じゃない。僕は兄ちゃんのものじゃない!僕は僕なんだ!ムン・ガンテは僕のものなんだ!」と母親に反抗します。

そして、「兄ちゃんなんて、死んでしまえばいいんだ!」と泣き叫んで、赤帯を地面にたたきつけて家を飛び出していきました。

サンテは赤帯を拾ってガンテを追いかけました。

追いついたサンテは、「これはガンテのものだ」と告げて赤帯をガンテに渡します。

怒りを鎮めたガンテは笑顔を見せ、氷の張った川の上で二人で仲良く遊びます。

しかし、氷が割れてサンテが川の中へ転落。

サンテは必死にガンテに助けを求めますが、ガンテは見捨てようとします。

しかしガンテは立ち止まり、サンテを救いに戻ります。

ガンテも川に飛び込み、サンテを救うことに成功。

今度はガンテがサンテに助けを求めましたが、サンテはガンテを置き去りにして去っていきました。

このときガンテを救ってくれたのが、一部始終を離れた場所から見ていたムニョンだったのです。

 

スンドクの助言

帰宅したガンテは、破いてくしゃくしゃになった契約書を確認。

サンテが報酬として自分のためにキャンピングカーを望んでいることを知り、涙を流します。

一方、サンテは心配そうにガンテが戻るのを待っていました。

ムニョンは「大丈夫。彼は見捨てないわ」とサンテを慰めます。

翌日。

サンテが挿絵画家としてムニョンと契約を結んだことを知ったジュリ(パク・ギュヨン)の母スンドク(キム・ミギョン)は、悩むガンテに「応援してあげなさい。ある程度手助けしたら、次は一人で生きられるようにしてあげないと」と助言しました。

 

ガンテが屋敷で住むことを決意

ムニョンの屋敷をサンイン(キム・ジュホン)とスンジェ(パク・チンジュ)が訪ねてきます。

二人はサンテが屋敷にいることに驚きます。

ムニョンはサンテを専属の挿絵画家と紹介しますが、サンインは反対しました。

そこへガンテが荷物を持って屋敷へやって来ます。

サインインとスンジェはムニョンに追い返されました。

ガンテはムニョンに「平日はここにいて、週末は家に戻る」と条件を出し、兄サンテを尊重するよう求めました。

「あなたとの約束は守るわ」とムニョンは了承します。

一方、ガンテがムニョンの屋敷へ行ったことを知ったジュリは、再びムニョンに怒りを露わにしました。

 

青ひげの秘密

その夜、地下室へ降りていこうとするサンテをムニョンが止め、「青ひげ」の物語を語って聞かせました。

”むかしむかし、青ひげを生やした伯爵が一人で大きな城に住んでいました。ある日貧しい家の女性が青ひげの新婦になろうと彼の城を訪れます。

青ひげはあまりに嬉しくて、各部屋にあった金銀財宝を全て妻に贈りました。

しかし地下室の部屋だけは「絶対に開けるな」と警告。

好奇心旺盛な妻は夫に黙って秘密の扉を開けてしまいます。

そこには、女性の死体が壁に掛けられ、展示されていました。

それまで警告を無視し扉を開けた妻たちの無残な最期でした。”

 

”母”に反応するムニョン

翌朝。

ムニョンが目覚めると、サンテとガンテが掃除をしたり朝食の準備をしたりしていました。

いつもとは違う日常にムニョンは戸惑います。

3人で朝食を取り、その後、3人揃って病院へ出勤。

3人別々になると、ムニョンは誰かの視線を感じ、気配を追っていきます。

すると、気配の先には入院患者カン・ウンジャ(ペ・ヘソン)がいました。

ウンジャはムニョンに母だと告げます。

ムニョンは動揺し「本当にお母さんなの?戻ってきたの?」と尋ねます。

しかし、ウンジャはムニョンを自分の娘と間違えていました。

ムニョンは怒りますが、ガンテが割って入りウンジャを連れ出します。

ウンジャは、幻覚や妄想の症状を伴う精神病性うつ病を患っていたのです。

ウンジャの実の娘は事故で亡くなっていました。

その後もウンジャはムニョンを娘だと思い込んでしつこく付きまといます。

ムニョンは耐え切れず「やめて!」と叫び、「”母さん”って言わないで。母は、死んだの。あの時の血痕が今でも床に残ってる」と告げました。

そして、ムニョンが「おばさん、どうか夢から覚めて」と告げると、ウンジャはショックで気を失い、その場に倒れてしまいました。

 

母の悪夢に怯えるムニョン

その夜、ムニョンは自分の部屋にこもってしまいます。

食事の席にも顔を出さないムニョンをガンテは心配します。

ムニョンの前に再び母の幻影が現れ、「警告したでしょ。助けに来た王子は殺すと」と告げました。

ムニョンがうなされる声を聞いたガンテが駆けつけると、ムニョンは何かに怯えている様子でした。

ムニョンは、駆け寄ってきたガンテの胸ぐらを掴み、「早く逃げて。今すぐ消えてよ!」と泣き叫びます。

ガンテはムニョンを優しく抱き締め「大丈夫。ここにいるよ」と慰めるのでした。

 

『サイコだけど大丈夫』6話感想

6話では、ガンテとサンテがムニョンと一緒に暮らし始めました!

特に印象的だったのが食卓のシーンでした。

以前「料理を作ってくれる人もいない」と言っていたムニョンにガンテが食事を用意する姿は素敵な光景でしたね!

いつもとは異なる日常にムニョンは戸惑っている様子でしたが、サンテによって掃除もされて屋敷の雰囲気がずいぶん明るくなったような印象を受けました。

ムン兄弟との出会いがムニョンに良い影響をもたらしているといいですね!

 

ガンテは、初めてムニョンの目を見て以降彼女が自分の好きだった少女だと気付いていました!

気付いていながら、ずっと知らないふりをしていたことには驚きました。

また、幼い頃のムニョンとガンテの出会いも描かれ、ムニョンは川に落ちたガンテの命を救った恩人だと判明。

当時言えなかった感謝の言葉をムニョンに伝えたガンテですが、ガンテを必要とするムニョンに「これ以上誰かの必要な人になりたくない」と遠ざけようとしました。

サンテのことで手いっぱいで余裕がないガンテの心情を思うと辛いですね...。

 

サンテが「僕は僕のものだ!」と叫んでガンテを殴り続けるシーンは考えさせられました。

幼い頃ガンテも同じ言葉を叫んでいましたね。

ガンテはサンテが川に落ちたときに一度見捨てようとしたことも分かりました。

そんな過去がありながらも今まで兄を支えて生きてきたガンテ。

兄弟愛を感じられることの多いサンテとガンテの関係性ですが、過去に見捨てられそうになったことをサンテは今でも覚えているのかどうか気になりました。

その辺りが今後明かされることになるのか注目です!

 

ムニョンがサンテに語って聞かせた「青ひげ」の物語は身の毛もよだつ内容でしたね。

母親の血痕が地下室に残っているというムニョンの発言にも身震いしました!

ムニョンの母親が殺された原因は何なのでしょうか。

ムニョンは”母”というワードに反応して涙を浮かべるシーンもありましたが、ムニョンにとって母親とはどんな存在だったのか気になります!

度々悪夢となってムニョンを苦しめる母親ですが、彼女は一体何者なのでしょうか。

 

最後は、悪夢に怯えるムニョンをガンテが優しく慰めました。

 

リズ
話が進むにつれて面白さが加速している『サイコだけど大丈夫』。早く続きの7話が観たいです!

 

\『サイコだけど大丈夫』7話あらすじ・感想はこちら

【サイコだけど大丈夫】7話あらすじ・感想(ネタバレあり)
【サイコだけど大丈夫】7話あらすじ・感想(ネタバレあり)〜春の日の犬〜

こんにちは、リズです。   6話では、ガンテは幼い頃好きだった少女とムニョンが同一人物だと気付いていながら知らないふりをしていたことが判明。 ムニョンがガンテの命の恩人であることも明かされま ...

続きを見る

 

\『サイコだけど大丈夫』5話あらすじ・感想はこちら

【サイコだけど大丈夫】5話あらすじ・感想(ネタバレあり)
【サイコだけど大丈夫】5話あらすじ・感想(ネタバレあり)〜呪われた城の少女〜

こんにちは、リズです。   4話では、母親のぬくもりを求めたガンテの幼き頃の辛い思い出が明かされました。 一方、ムニョンは父親に絞殺されそうになりました。 ガンテは人を物同然に扱うムニョンに ...

続きを見る

あなたにおすすめの記事

-サイコだけど大丈夫

© 2020 エンタメ☆彡パラダイス