サイコだけど大丈夫

【サイコだけど大丈夫】2話あらすじ・感想(ネタバレあり)〜赤い靴のお嬢さん〜

【サイコだけど大丈夫】2話あらすじ・感想(ネタバレあり)

こんにちは、リズです。

 

1話では、精神病院で働く保護士のガンテと童話作家のムニョンが出会いました。

また、障害のあるガンテの兄サンテは、”蝶に襲われる悪夢”にたびたび苦しんでいました。

そして最後は、ガンテがムニョンの目に見覚えがあると告げ...というシーンで終わりました。

 

続きの2話では、サンテが恐れる蝶の謎が明かされるのでしょうか。また、ガンテが幼い頃出会った少女はムニョンだったのでしょうか!

 

リズ
今回は2話のあらすじと感想です。ネタバレありなのでご注意ください!

 

『サイコだけど大丈夫』2話あらすじ(ネタバレなし)

ムン・サンテ(オ・ジョンセ)をサイン会に招待したムニョン(ソ・イェジ)だが、それがもとでとんでもない騒動を起こしてしまう。故郷で働き口があることを耳にしたガンテ(キム・スヒョン)は…?

引用元:Netflix

 

『サイコだけど大丈夫』2話あらすじ※ネタバレあり

2話の登場人物

  • ムン・ガンテ(キム・スヒョン)
  • コ・ムニョン(ソ・イェジ)
  • ムン・サンテ(オ・ジョンセ)
  • ナム・ジュリ(パク・ギュヨン)
  • チョ・ジェス(カン・ギドゥン)
  • イ・サンイン(キム・ジュホン)
  • ユ・スンジェ(パク・チンジュ)
  • オ・ジワン(キム・チャンワン)
  • カン・スンドク(キム・ミギョン)
  • パク・ヘンジャ(チャン・ヨンナム)
  • ソン・ビョル(チャン・ギュリ)
  • グォン・ミンスク(ソジュン)
  • オ・チャヨン(チェ・オソン)
  • コ・デファン(イ・オル)
  • カン・ピドン(キム・ギチョン)
  • チュ・ジョンテ(チョン・ジェグァン)
  • イ・アルム(チ・ヘウォン)
  • パク・オンナン(カン・ジウン)
  • ユ・ソネ(チュ・イニョン)

詳しいキャスト・相関図はこちら⇒【サイコだけど大丈夫】キャスト・登場人物・相関図(日本語)の紹介

【サイコだけど大丈夫】キャスト・登場人物・相関図(日本語)の紹介
【サイコだけど大丈夫】キャスト・登場人物・相関図(日本語)の紹介

こんにちは、リズです。 韓国だけでなく日本や東南アジアでも人気の韓国ドラマ『サイコだけど大丈夫』。 韓国では「最高の癒しドラマ」と称賛され、幅広い年齢層の視聴者の心をくぎ付けにしました。 ここでは異色 ...

続きを見る

 

ガンテを欲するムニョン

再び顔を合わせたガンテ(キム・スヒョン)とムニョン(ソ・イェジ)。

ガンテはムニョンの目に見覚えがあると言い、幼い頃ある少女の後ろを追っていた過去を思い出します。

その少女が好きだったと告白したガンテに対し、ムニョンは「そんな美しい思い出話をして、私を口説こうとしてる?」と問います。

するとガンテは、少女が自分の目の前で蝶を殺したのを思い出し、「勘違いするな。いい思い出じゃない」と冷たく答えました。

ガンテがその場を去ろうとすると、サンイン(キム・ジュホン)らが遅れてやって来ます。

サンインの部下スンジェ(パク・チンジュ)が「帰る前に先生のサインを。サインが欲しいと言ってましたよね?」とガンテに告げると、ムニョンは呆れた風に「私の目を見て昔の思い出話をしたのはサインのため?」とガンテに問いました。

ガンテは慌てて「誤解だ」と否定しますが、ムニョンは新刊の絵本を1冊手に取り、中にサインをしてガンテに渡してあげました。

ムニョンは立ち去るガンテを見て、「どうしても欲しい」と呟きます。

そして、スンジェに「ちゃんとした仕事をしたい?」と持ちかけ、ガンテについて調べるよう命じるのでした。

 

ジュリがガンテに会いに来る

出版社をあとにしたガンテ。

帰りのバスの中で、先ほどムニョンにサインしてもらった絵本を開きます。

しかしそこにサインはなく、書かれていたのは出版記念パーティーへサンテ(オ・ジョンセ)を招待するメッセージでした。

ガンテは呆れますが、ムニョンに会えることになったサンテは張り切ってサイン会用の服を選びました。

その夜、運転代行のバイトをするガンテの元をジュリ(パク・ギュヨン)が訪ねます。

ベンチに座る二人。

ジュリが、次の勤務先がまだ決まっていないガンテに「うちの病院も保護士を募集してるの」と誘うと、ガンテは興味を示し場所を尋ねます。

しかし、ジュリが「故郷のソンジン市よ」と答えると、ガンテの表情が曇りました。

ガンテは、故郷ソンジン市で母親が何者かに殺された過去を思い出します。

帰り、ソンジン市行きのバスに乗るジュリをガンテは見送ります。

ジュリは「部屋が余ってるの。もしソンジン市に来るなら、うちに住むといいわ」と誘いますが、ガンテは断りました。

 

ムン兄弟の過去

数年前。

何者かに殺された母の遺体に泣き叫ぶガンテ。

サンテは「蝶が母を殺した」と呟きます。

ガンテに犯人の正体を問われたサンテは、怯えながら「それは言えない。言ったら殺される。蝶が追いかけてきて僕は殺される」と答えました。

二人は、蝶が来ない場所を求めて故郷を逃げ出したのでした。

 

サイン会で騒動が起きる

ムニョンのサイン会当日。

ムニョンに会いたくないガンテは、サンテとサイン会に行ってほしいと事前にジェス(カン・ギドゥン)に頼んでいましたが、ジェスは泥酔していたため電話に気づきませんでした。

仕方なくガンテはサンテを連れてムニョンのサイン会へ向かいます。

会場に着くと、長蛇の列ができていました。

サンテを列に並ばせたガンテは、少し離れたところで待機。

しかし、ガンテが目を離した隙に、サンテは列から離れ1組の家族に近づいていきました。

そして、恐竜の被り物をした子供に話しかけます。

すると子供の父親がサンテを不審者と思い、サンテを突き飛ばしたり、髪を引っ張るなどの暴力行為に出ました。

サンテは発作を起こし、パニック状態に陥ってしまいます。

周辺は大騒ぎになりました。

会場の異変に気付いたガンテは急いで戻り、サンテを抱きしめ「ごめん。もう大丈夫だから安心して」となだめます。

そこへ一部始終を冷静に眺めていたムニョンが近寄ってきました。

ムニョンは、サンテに暴力を振るった男に「早く私に謝罪して。サイン会が台無しだわ」と告げ、男の髪を引っ張りました。

男の妻が「この変な男からうちの子を守っただけよ」とムニョンに告げると、ムニョンは「何を根拠に”変”だと判断を?」と問い、男の妻をバカ女呼ばわりしました。

 

ムニョンが男を突き落とす

その後、サンテは在庫管理室に閉じこもってしまいます。

サンテが出てくるのをムニョンとガンテが待っていると、ムニョン専門の評論家の男が二人の元へやって来ました。

男は「この女といると不幸になる。用心を」とガンテに忠告し、その場を去っていきました。

ムニョンは一人、男の後を追います。

階段で待っていた評論家の男は「来ると思ってたよ。俺はいつでも君を引きずり下ろせる。”童心を知らない反社会性のパーソナリティ障害者の児童文学作家”。この笑い話が広まったら?」とムニョンを脅しました。

ムニョンが男に望みを尋ねると、男はムニョンの体を要求。

ムニョンを追いかけてガンテが到着しますが、ムニョンは評論家の男を階段から突き落としました。

その後、男は病院へ運ばれていきます。

生き延びた男に苛立つムニョン。

ガンテは、トラウマを持つ患者に勧める治療法”バタフライ・ハグ”をムニョンに教え、彼女の心を鎮めさせます。

ムニョンは「安全栓になって。私が爆発しないように捕まえていて」とガンテにお願いしますが、ガンテは断りました。

別れ際、ムニョンはガンテに「避けるというより、怖いから逃げるんでしょ。怖がり」と告げました。

 

ガンテの思い

ムニョンと別れたガンテは、兄サンテの元へ戻ります。

サンテは管理室から出ていましたが、落ち込んでいる様子でした。

帰りのバスで、ガンテはこっそり買っていた恐竜大百科をサンテにプレゼントします。

サンテは大喜びし、夢中で読み始めました。

家に戻ると、ジェスが外で待っていました。

ガンテはジェスと二人で話します。

ガンテは「僕らと苦労するのはもうやめろ。今後は楽に生きろ」とジェスに告げますが、ジェスは「俺の勝手だろ。俺は好きなように生きる」と反論。

ジェスが「何かあったのか?」とガンテに問うと、ガンテは「正体不明の蝶から逃げ回るのは”兄さんのため”だと思ってた。今日ふと思った。実際は、俺が逃げるための口実なのかもしれないって」と答えました。

ジェスは否定しますが、ガンテは「だって、死ぬほどつらいときは、逃げる方が楽だ」と思いを打ち明けます。

ジェスは慰めるようにガンテの背中をたたきました。

その後、ガンテがソンジン市で暮らすことをサンテに提案すると、サンテは「いいよ。チャンポンが美味しい店がある」とあっさり了承します。

サンテの返事にガンテは安堵し、「僕は怖がりなのに、兄さんは強いな」と告げると、サンテは「弟だから怖がりなんだ。兄さんと一緒なら心強いだろう。僕を頼ればいい」と返しました。

兄の頼もしい一言にガンテは感極まるのでした。

 

ムニョンがガンテを追ってソンジン市へ

翌日から、出版記念パーティーでのムニョンのファンに対する暴言と暴行を捉えた映像がニュースとして報じられます。

また、今回の騒ぎに伴い、小学生をガキ呼ばわりするなどのムニョンの過去の奇行も報道されました。

さらに、ムニョン排除の動きが人々の間で広まり、サンインら出版社の社員たちは頭を抱えます。

騒動の渦中にあるムニョンはその頃、スンジェの調査報告でガンテがソンジン市出身だと知り、ガンテを追ってソンジン市へと車を走らせました。

一方、ガンテは一度は断ったジュリの誘いに応じ、ソンジン市のOK精神病院で働いていました。

ある時、雨が降り始め、病院は停電してしまいます。

ガンテが電話で停電の報告をしていると、突然ムニョンが現れました。

ガンテは驚いた表情で「なぜここに...」と尋ねます。

ムニョンは微笑み「あなたに会いたかったから」と答えるのでした。

 

『サイコだけど大丈夫』2話感想

2話では、ムニョンのサイン会で騒動が起こってしまいました!

 

パニック状態になったサンテを必死に鎮めようとするガンテの姿には胸を打たれました。

普段はクールな表情の多いガンテですが、兄サンテに向ける温かい笑顔やまなざしは素敵ですね!

また、臆病だと自覚した弟ガンテに「僕を頼ればいい」と励ますサンテの姿にも感動しました。

兄弟の絆が感じられ、素敵でしたね!

 

一方、サイン会でのムニョンの言動がかっこよかったです!

騒動を起こしたサンテを皆が好奇の目で見る中、「何を根拠に”変”だと判断を?」と言ったセリフが印象的でした。

そんなムニョンも”反社会性のパーソナリティ障害者”だと判明。

彼女の生い立ちなどが気になりました!

ムニョンとガンテの関係についてですが、ムニョンはガンテに興味を抱き始めましたね。

ガンテは自由奔放なムニョンに一方的に振り回されている印象ですが、どのような流れで二人にロマンスが訪れるのか楽しみです!

 

一方、ジュリとガンテも幼い頃からの知り合いのようですね。

ジュリはガンテに好意を抱いているようで、彼と同じ病院で働けることに嬉しさを露わにする表情が可愛らしかったです!

ジュリの恋の行方にも注目ですね!

 

ムン兄弟と苦楽を共にしようとするジェスもナイスなキャラクターですね!

ジュリに好意がある様子でしたが、全く彼女の眼中に入っていない姿が切なかったです...。

ジェスが今後どのような形で物語に絡んでくるのか楽しみです!

 

ガンテとサンテの母親は何者かに殺されたという過去が明かされました。

サンテは犯人を知っている様子でしたが、一体誰なのでしょうか。

蝶との関連も気になりますね!

 

最後は、そんな辛い過去がある故郷ソンジン市に戻ってきたガンテとサンテ。

そして、ガンテを追ってムニョンもソンジン市へ向かい、彼の目の前に現れました。

ムニョンはガンテのことを思い出したような描写がありましたが、ガンテが幼い頃出会った少女はムニョンだったのでしょうか。

ソンジン市で過去に何があったのでしょうか!

 

リズ
早く3話が観たい!

 

\『サイコだけど大丈夫』3話あらすじ・感想はこちら

【サイコだけど大丈夫】3話あらすじ・感想(ネタバレあり)
【サイコだけど大丈夫】3話あらすじ・感想(ネタバレあり)〜眠れる森の魔女〜

こんにちは、リズです。   2話では、ムニョンのサイン会でサンテが騒動を起こしてしまい、ムニョン自身もファンへの暴行や暴言で世間から大バッシングを浴びました。 また、ガンテ達の母が何者かに殺 ...

続きを見る

 

\『サイコだけど大丈夫』1話あらすじ・感想はこちら

【サイコだけど大丈夫】1話あらすじ・感想(ネタバレあり)
【サイコだけど大丈夫】1話あらすじ・感想(ネタバレあり)〜悪夢を食べて育った少年〜

こんにちは、リズです。   手に負えない人生の重さで愛を拒否して生きる青年と、生まれつきの欠陥で愛を知らない人気童話作家の恋を描く韓国ドラマ『サイコだけど大丈夫』。   本ドラマは ...

続きを見る

 

あなたにおすすめの記事

-サイコだけど大丈夫

© 2020 エンタメ☆彡パラダイス