海外ドラマ

【ペーパー・ハウス シーズン5】9話あらすじ・感想ネタバレあり

【ペーパー・ハウス シーズン5】9話あらすじ・感想ネタバレあり

8では、ベルリンがタティアナに別れを切り出され、彼女の新たな恋の相手が息子ラファエルだったことが描かれました。

金を最後まで流し終えた強盗団は乾杯するなど、束の間の休憩に。

一方、金が流されたことに気づいた警察は貯留槽の捜索を開始しました。

そして教授らは、貯留槽の場所を突き止められ、逮捕されますが、偽の警官であることが判明。

最後は、警察を装った謎の集団に金塊を盗まれたことが分かり...というシーンで終わりました。

 

続きの9話で、教授らは金を取り戻すことができるのか!?

また、金を盗んだ集団は一体何者なのでしょうか!?

リズ
今回は9話のあらすじと感想です。ネタバレありなのでご注意ください!

『ペーパー・ハウス シーズン5』9話あらすじ(ネタバレなし)

ピロートーク
自分の戦略が利用されたことを知った教授は、激しく動揺するが、すべての希望がついえたかに見えたとき、驚くほど大胆な決断を下す。

引用元:Netflix

『ペーパー・ハウス シーズン5』9話あらすじ※ネタバレあり

計画を知る人物

何者かに金塊を盗まれ、叫ぶ教授。

銃を手にすると、シエラやマルセイユらと共にGPSでトラックを追跡します。

教授は、金が盗まれたことをリスボンとパレルモにも報告。

その後、採石場の跡地に到着した教授ら。

警戒しつつ、置き去りになったトラック数台を調べますが、盗人たちの姿や金塊はすでになく...

強盗団のほかに計画を知っていた人物は1人しか思い当たりませんでした。

その人物とは、ベルリンの元妻タティアナ。

教授は「彼女は何もかも知っていたんだ!」と憤ります。

また、盗人たちはこの跡地で、貯留槽にいる教授らをずっと監視していたことも明らかに。

教授は、強盗団のメンバー全員に「金が盗まれた。私は彼らを追う」と連絡。

その後、マルセイユに貯留槽に戻るよう指示し、親指トム作戦の開始を告げます

そして強盗団に「金を奪い返し、全員脱出させる」と約束するのでした。

サガスタの作戦

「正面玄関に到着した」とタマヨに報告し、爆薬を解除するアルテッチェ。

実は、トーキョーやガンディアが犠牲になった爆発の直後、サガスタは共に生き残ったアルテッチェに任務を与えていました。

サガスタが負傷した兵士ラミロの手術のため外科医を要求したのには、作戦遂行のために時間稼ぎをする狙いもあったのです。

派遣された軍医もサガスタの協力者でした。

その作戦とは、銀行を開けること。

通気口の中を進んだアルテッチェは、3か所に突破口を作ることに成功します。

サガスタは軍医と共に銀行にとどまるトロイの木馬作戦でした...

スポンサーリンク

タティアナとラファエル

リオが監視カメラをハッキングし、映像を確認するも、偽物だと判明します。

盗人たちは金を持ち逃げできず、どこかに埋めたという予測に行き着いた教授。

「まだチャンスはある」と呟きます。

一方、ある敷地では、タティアナとラファエルが仲間に金塊を埋めさせていました。

埋め終わると、庭や家、遊具を配置し、カモフラージュします。

作業を終えたタティアナとラファエルは車に乗り、笑い声をあげて去るのでした...

降伏

突入作戦を開始し、特殊部隊を3か所に配置させたタマヨ。

一方、図書館に侵入したアルテッチェは、1階で拘束されているサガスタに合図を送ります。

現れたパレルモがヘルシンキと話をしている隙に、アルテッチェに合図を送るサガスタ。

すると、治療中のラミロが発作に襲われるフリをします。

騒動になり、パレルモが背を向けている隙に、アルテッチェが頭上から飛びかかりました。

パレルモは倒され、ヘルシンキも軍医に銃を向けられます。

自由の身となったサガスタから連絡を受けたタマヨは、全部隊に突入開始を命じました。

特殊部隊は正面玄関や窓、洗面所などから突入します。

奇襲になすすべなく、次々と拘束される強盗団メンバー...

そして、1階ロビーに集められ、手を頭にひざまずかされます。

サガスタから「強盗団は降伏した」との報告を受けたタマヨたちは、歓喜に包まれるのでした。

スポンサーリンク

教授の賭け

その後、銀行に入るタマヨ。

ひざまずかされた強盗団を見回し、教授に連絡します。

リスボンの口から「降伏させられた」と告げられた教授は、車を急停車。

車を降りると、無線の向こうで意気揚々のタマヨに対し、「自首する。強盗団と一緒に、私も捕まる。タマヨ、君の勝ちだ」と負けを認めます。

タマヨは15分待つことに。

通信を終えた教授。

強盗団が銀行を出されたら全て終わるという状況の中、「まだ今なら、100万にひとつだがチャンスはある」と告げ、シエラに金を見つけるよう頼みます。

シエラは笑い、「私は出産したばかりで、体力も限界。犯罪集団に立ち向かう自信はない」と弱音を吐きます。

すると教授は「君は数時間で、スペイン中が捜していた私を見つけたんだ!君なら金を見つけられる!」と鼓舞。

「史上最大の宝を見つけてほしい」と懇願されたシエラは、引き受けることに。

また、教授は「もう1つ頼みごとが」と告げ、メモを書いてシエラに渡し、耳打ちします。

その後、シエラやベンジャミンらは金塊の捜索に。

教授は車を奪い、スペイン銀行へと向かうのでした。

教授、銀行に現る

銀行の金庫室を開ける総裁やタマヨたち。

しかし、中身は空っぽでした。

総裁は「国庫が盗まれた」と憤ります。

タマヨは、数分おきに爆発音を立てて強盗が立てこもっていると思わせることに。

一方、スペイン銀行に到着した教授。

デモ隊から「教授!」の歓声があがるなか、以前トーキョーに言われたあなたはヒーローよ。あなたといれば失敗はない。最悪の事態になっても、あなたを信じてるという言葉を思い出します。

車を降り、表情を引き締めた教授は、兵士に囲まれながら入口へと歩いていくのでした...

『ペーパー・ハウス シーズン5』9話感想

強盗団が降伏させられる展開に!

奇襲に反撃する間もなく捕らえられたのが衝撃的でした…。

秘密裏に進めていたサガスタと警察の作戦が実を結んだ形ですね!

以前造幣局で教授が遂行したトロイの木馬作戦を今度は警察側が使用してくるとは!

 

前回の話では金を流し終えた強盗団が歓喜するシーンが描かれましたが、今回は強盗団をついに捕らえた警察が大喜び。

強盗団が天国から地獄へ突き落とされる急展開が恐ろしい...

 

また、金塊を盗んだ人物がタティアナとラファエルだったことも驚きでした!

まさか敵として再登場するとは...

ベルリンに別れを告げられてからの彼らの5年間が気になります!

 

感動的だったのは、教授がシエラに金捜しを託したこと!

元々敵だったシエラを鼓舞し、信頼する様に胸を打たれました!

シエラたちは金塊を奪い返すことができるのか!?

また、教授がシエラに渡したメモや耳打ちした内容も気になる!

さらに、教授がマルセイユに命じた親指トム作戦とは一体どんな作戦なのでしょうか?

 

最後は、ついに教授がスペイン銀行に到着!

教授に信頼を寄せる亡きトーキョーの言葉には感動しました!

金が盗まれ、強盗団は降伏させられるという最大の窮地の中、まだ今ならチャンスはあると考える教授。

自首を決意し、自ら銀行に入った教授の描く作戦とは一体...

 

いよいよ次回がシリーズ最終話!

空前絶後の強盗計画はどんなフィナーレを迎えるのでしょうか!?

リズ
早く10話が観たい!

\シーズン5第10話はコチラ

【ペーパー・ハウス シーズン5】10話あらすじ・感想(ネタバレあり)
【ペーパー・ハウス シーズン5】10話(最終話)あらすじ・感想(ネタバレあり)

9話では、教授らが盗まれた金塊を奪い返そうと追跡を開始しました。 しかし発見できず、盗んだのはベルリンの元妻タティアナと息子ラファエルであることが明らかに。 一方、サガスタと密かに作戦を進めていた警察 ...

続きを見る

\シーズン5第8話はコチラ

【ペーパー・ハウス シーズン5】8話あらすじ・感想(ネタバレあり)
【ペーパー・ハウス シーズン5】8話あらすじ・感想(ネタバレあり)

7話では、警察に追われる教授とシエラが共に逃亡を図り、留守中の家に身を隠す様子が描かれました。 教授はシエラのことを守ると約束し、シエラも教授を逮捕しないと約束。 一方、金を外に出すことで一致団結した ...

続きを見る

あなたにおすすめの記事

-海外ドラマ

© 2022 エンタメ☆彡パラダイス