海外ドラマ

【ペーパー・ハウス シーズン1】5話あらすじ・感想(ネタバレあり)

【ペーパー・ハウス シーズン1】5話あらすじ・感想(ネタバレあり)

4では、モニカがデンバーに生かされ、金庫へ隠れることになりました。

教授は即時降伏を拒否し、「強盗団の追跡をやめたら人質は無事に渡す」と警察に迫りました。

一方で、ラケルは元夫のことで悩み苦しむ胸の内を教授に吐き出し、2人の距離は縮まりました。

造幣局内では、息子デンバーが人質を殺したと聞かされ絶望したモスクワが、降伏しようと入口のドアを開ける事態に。

顔がバレそうになりますが、デンバーが何とか食い止めました。

しかし今度は、モスクワを落ち着かせるために上がった屋上で、モニカが殺されたと思い込んだアルトゥーロがパニックに陥る展開に。

最後は、アルトゥーロが警察に犯人と勘違いされて狙撃され...というシーンで終わりました。

 

続きの5話では、どんな展開が描かれるのか?

アルトゥーロの命は!?

この不測の事態に教授はどう動くのでしょうか!?

リズ
今回は5話のあらすじと感想です。ネタバレありなのでご注意ください!

『ペーパー・ハウス シーズン1』5話あらすじ(ネタバレなし)

エピソード5
怪我人を治療するため建物内に送り込まれた医療チームに覆面警官が紛れ込み、内部へ潜入。教授は、ラケルたち警察を出し抜こうと行動を起こす。

引用元:Netflix

\ペーパー・ハウス人物相関図/

【ペーパー・ハウス】キャスト・登場人物・相関図(日本語)の紹介~シーズン1・2造幣局編~
【ペーパー・ハウス】キャスト・登場人物・相関図(日本語)の紹介~シーズン1・2造幣局編~

世界的大ヒットのスペイン産ドラマ『ペーパー・ハウス』 本作は、スペイン・マドリードにある造幣局を狙った強奪事件を描くアクションドラマで、Netflixにて独占配信中です。 シーズン1・2造幣局編のあら ...

続きを見る

『ペーパー・ハウス シーズン1』5話あらすじ※ネタバレあり

アルトゥーロの願い

強盗から32時間が経過。

警察に犯人と勘違いされ撃たれてしまったアルトゥーロ。

倒れた彼をデンバーとモスクワが直ちに運び出し、トーキョーら強盗団による必死の応急処置が行われます。

彼らは5ヵ月の準備期間の間に、救命訓練も受けていました。

アルトゥーロはもがき苦しみながら「お願いだ。妻と話をさせてくれ」と懇願するのでした。

責任を感じるラケル

一方、人質を誤射する結果を招き、動揺するラケル。

すぐに教授と連絡をとり、救急隊を送らせてほしいと頼みます。

教授は悩んだ末、外科医2人と看護師、医療物資を手配することを許可します。

そして、アルトゥーロに妻と話をさせるよう要求。

その後ラケルは、発砲命令を下した罪悪感から精神が不安定になり、気分転換に救急車に乗り込みます。

救急車で移動中、母に電話し、仕事で重大なミスをしてしまったことを話します。

母は「自分を責めては駄目よ」とラケルを励まし、ラケルが教授とお酒を飲んで過ごしていたことを知ると、「彼と過ごせば?」と助言。

母との会話により、ラケルには笑顔が戻るのでした。

スポンサーリンク

トーキョーとナイロビ

時は5か月間の準備期間にさかのぼる。

ナイロビに子供がいることに気づき、彼女の部屋を訪れたトーキョー。

ナイロビは、アクセルという名前の7歳の息子がいること、父親はどこかへ姿を消したことなどをトーキョーに話します。

息子とは、自身が売り物のクスリの所持で逮捕され刑務所へ入れられて以来会えていないという。

「私はすべてを失った」と語るナイロビ。

彼女の目的は、強盗計画を成功させて息子に会いに行き、地球の裏側へ連れて行くことでした。

「他の誰の計画より、あんたのが一番よ」

そうナイロビを褒めたトーキョー。

その後2人はテキーラを飲んだり、踊ったりして楽しい時間を過ごすのでした。

危険な状態のモニカ

モニカが隠れている第2金庫へ向かったデンバーとモスクワ。

しかし、中に彼女の姿はなく。

探し回り、トイレで嘔吐しているモニカを発見します。

モニカには熱があり、はやく弾を除去しないと危険な状態にありました。

金庫に戻った3人。

モニカは、アルトゥーロが撃たれ何とか一命はとりとめたことを知り、「私の無事を伝えて」とデンバーらに懇願します。

デンバーとモスクワはモニカの腿に入っている銃弾を除去することを決意し、デンバーが警察から送り込まれる医者からメスを奪うことに。

モニカからアルトゥーロへのメモを受け取ったデンバーは金庫をあとにするのでした。

スポンサーリンク

アルトゥーロの気持ち

銃の専門家であるアンヘルが看護師にふんし、2人の医者を連れて造幣局内に潜入することになった警察。

アンヘルは「黒幕も暴いてやる」と意気込みます。

ラケルの作戦は、人質を装うための赤の作業着とマスクを持った警察2人を造幣局地下のダクトから侵入させるというものでした。

作戦について確認しているところへ、アルトゥーロの妻ラウラが到着。

ラウラは夫の無事を聞かされますが、動揺を抑えられず。

一方、妻と電話がつながったアルトゥーロ。

これまで自分勝手で家族を避けていたことを謝罪し、オーストラリアへ行って人生をやり直そうと約束します。

妻への愛を語りますが、無意識に「モニカ」と呼んでしまいます。

妻は悲しみを見せつつ「無事に帰ってきて。愛してる」と伝えるのでした。

トロイの木馬

アルトゥーロの手術を行うため、造幣局内に通されたアンヘルと医者2人。

一方、カメラからその様子を見ていた教授は、アンヘルの姿を目にした瞬間、ガッツポーズします。

警察の本部へ入った際に目撃した警察の人間だったからです。

教授はすぐにベルリンに「警察が潜り込んでいる」と報告し、計画どおり動くよう指示。

実は事前の準備期間で、教授は敵が潜入してきた際の対策も立てていたのです。

それは、トロイ戦争時の「トロイの木馬」にヒントを得た作戦でした。

つまり、敵を迎え入れ、勝ったと思わせることが強盗団の作戦だったのです。

大勢のマスクを着けた者たちに銃を向けられ、ボディチェックをされるアンヘルら。

アンヘルの眼鏡には盗聴器が仕込まれ、音声が聞こえるようになった教授には笑みがこぼれます。

そしてアンヘルたちはアルトゥーロの元へと案内されるのでした。

『ペーパー・ハウス シーズン1』5話感想

強盗団が救命訓練まで受けていたとは!

トーキョーらが懸命にアルトゥーロの命をつなごうと処置する姿が印象的でした!

人道的なメンバーが多い!

 

母親に教授との恋愛をすすめられたラケルが「考えてみるわ」と答えていたのが気になるところ!

ラケルは教授の正体を知らぬまま彼と恋愛関係になるのでしょうか?

 

ナイロビに7歳の息子がいたことに驚きました!

以前のエピソードで妊娠中のモニカをいたわっていた姿が印象的でしたが、そういう背景があったとは!

また、トーキョーとナイロビの友情も素敵でしたね!

早朝に騒ぎまくり教授に注意される場面には思わず笑ってしまいました!

 

モニカが一刻をあらそう状況に!

おなかの赤ちゃんも心配になってきました...

銃弾を除去する決意をしたデンバーとモスクワ。

デンバーは医者からメスを奪うことができるのでしょうか?

 

妻ラウラと話ができたアルトゥーロですが、モニカと口走ってしまうことに!

アルトゥーロの愛が本当はどちらにあるのか分からない!

デンバーはモニカから託されたメモを彼に渡せるのでしょうか?

 

警察の人間を造幣局に潜入させることにしたラケル。

しかし、それすら教授の狙い通りだったとは!

盗聴器を仕掛けることにも成功し、人質が撃たれるという誤算があったにもかかわらず作戦を優位に進める強盗団には目が離せない!

 

造幣局に潜入した警察。警察を迎え入れた強盗団。

はたして強盗団のトロイの木馬作戦は成功するのでしょうか!?

リズ
早く6話が観たい!

\シーズン1第6話はコチラ

【ペーパー・ハウス シーズン1】6話あらすじ・感想(ネタバレあり)
【ペーパー・ハウス シーズン1】6話あらすじ・感想(ネタバレあり)

5話では、アルトゥーロの手術のために警察から造幣局に医療チームが送り込まれることになりました。 警部補アンヘルが看護師に扮して潜入を試みますが、教授に見破られることに。 しかも、それは”敵を迎え入れ勝 ...

続きを見る

\シーズン1第4話はコチラ

【ペーパー・ハウス シーズン1】4話あらすじ・感想(ネタバレあり)
【ペーパー・ハウス シーズン1】4話あらすじ・感想(ネタバレあり)

3話では、教授が情報を得ようとラケルに接近しました。 強盗団は順調に紙幣の生産をつづけていましたが、アリソンの隙をついた行動により、リオとトーキョーの身元が警察にバレてしまうことに。 ラケルは教授に” ...

続きを見る

あなたにおすすめの記事

-海外ドラマ

© 2022 エンタメ☆彡パラダイス