ペーパー・ハウス・コリア

【ペーパー・ハウス・コリア】9話あらすじ・感想ネタバレあり

【ペーパー・ハウス・コリア】9話あらすじ・感想ネタバレあり

まずは8話を振り返ります!

警察によって造幣局の電気が遮断される中、反乱を企てた人質のうち半数が脱出に成功しました。

強盗団は突入してきた警察を何とか退けるも、人質に襲われたオスロを失うことに。

また、強盗団の裏切者はサンマンに息子を盾に脅されたナイロビであることが判明。

一方、造幣局と通信が途絶えた教授は、外にいる仲間に会いに行きました。

不治の病に冒されていることが判明したベルリンは、チョン・ヨンスを呼ぶよう声明を出しました。

ベルリンに裏切者扱いされたトーキョーは造幣局の外へ追い出され、警察に確保される事態に。

一方、ウジンは強盗団のアジトと思われるリゾートの跡地に到着。

最後は、教授とベルリンが兄弟であることが明かされ...というシーンで終わりました。

 

続きの9話では、どんな展開が描かれるのか?

ベルリンはチョン・ヨンスを呼んで何をするつもりなのか?

警察に捕まったトーキョーはどうなってしまうのか!?

 

リズ
今回は9話のあらすじと感想です。ネタバレありなのでご注意ください!

『ペーパー・ハウス・コリア』9話あらすじ(ネタバレなし)

エピソード9
強盗の1人に対する取り調べを始める警察。自ら人質交渉の指揮を執ることにしたサンマン。子供を助け出すための危険な作戦が実行に移される。

引用元:Netflix

 

\ペーパー・ハウス・コリア人物相関図/

【ペーパー・ハウス・コリア】キャスト・登場人物・相関図(日本語)の紹介!
【ペーパー・ハウス・コリア】キャスト・登場人物・相関図(日本語)の紹介!

世界的大ヒット中のドラマ『ペーパー・ハウス・コリア:統一通貨を奪え』。 本作は、第46回国際エミー賞で「最優秀ドラマ・シリーズ」を受賞したスペインの大ヒットドラマ『ペーパー・ハウス』の韓国リメイク作で ...

続きを見る

『ペーパー・ハウス・コリア』9話あらすじ※ネタバレあり

兄弟の再会

時は過去にさかのぼる。

ロシア・ウラジオストクにやって来たソン・ソノ(教授)。

ある組織のボス、ソン・ジュンホ(ベルリン)に会うためでした。

実は、ソノとジュンホは脱北の際に生き別れた兄弟だったのです。

幼少期に家族で脱北を試みたものの、成功したのは父親とソノだけ。

母親は死亡し、ジュンホは収容所に収監されてしまったのでした。

ジュンホと再会したソノは、父親がジュンホを収容所から出すための大金を得ようと銀行強盗を働き、警察に撃たれて死亡したことを明かします。

そして、「父さんがやり残したことを一緒にやらないか?」とジュンホを誘うのでした。

トーキョーを尋問するウジン

強盗団のアジトに到着したウジンら警察。

証拠の数々を発見しますが、ウジンは違和感を覚えます。

すると、仕掛けられていた爆弾が作動。

ウジンらが急いで避難した直後、アジトは爆破されました...。

本部に戻ったウジンは、アジトに証拠が残されていたことやベルリンの暴走に疑問を抱きます。

真相を確かめるため、確保したトーキョーの尋問を開始。

トーキョーは「病気のせいでイカれたベルリンに裏切者扱いされた」と話します。

ウジンはトーキョーをウソ発見器にかけますが、トーキョーは暴れ出します。

そして、トーキョーは護送されることが決定するのでした...。

スポンサーリンク

仲間割れの真相

実は、強盗団の仲間割れは、裏切者を特定するためにトーキョーとベルリンが打った芝居でした。

トーキョーがベルリンによって外へ追い出される寸前、ナイロビが「私が裏切った」と白状。

そして、涙ながらに「キム・サンマンに息子を人質にとられていた」と打ち明けました。

その後、ベルリンの作戦通り、仲間割れを装ってトーキョーを外へ出すことに。

目的は、何とかして教授と意思疎通を図るため、そしてナイロビの息子を救うためでした。

ソウルに救われるトーキョー

護送中のトーキョー。

すると突如、武装した集団が護送車を襲います。

トーキョーを救ったのは、ベルリンの部下ソウルたちでした。

一方、護送車が襲われたことに困惑するウジンら。

そこへ突如キム・サンマンやチョン・ヨンスが現れます。

「今からこの事件は対テロ部隊が担当する」と告げ、署長以外のウジンらは本部から追い出されることに。

サンマンの狙いは、ヨンスが強盗の注意を引いている間に対テロ部隊が背後から強盗団を襲うというものでした...。

スポンサーリンク

ナイロビの息子を救出する

教授と連絡が繋がったトーキョー。

教授の調べで、ソウルらと共にナイロビの息子がいると疑われる別荘へ向かいます。

一方、ウジンもナイロビの息子が行方不明であることを突き止め、思い当たる隠し場所へ急行します。

別荘に到着したトーキョーやソウルたち。

ライブ配信をしながら、ゴム弾で次々と警備員たちを倒していきます。

無事にナイロビの息子を救出しますが、外にはウジンが待ち構えていました。

ウジンは子供を保護したものの、トーキョーらを撃てず、取り逃がしてしまうのでした…。

ソウルの暴露

20時、多くのメディアが詰めかける中、ベルリンの要求通りチョン・ヨンスが造幣局に到着します。

再びアンを盾にして登場したベルリンは「犬扱いして飢えさせ、拷問して殺した」とヨンスの収容所時代の悪行を暴露。

ヨンスは「(ベルリンが)私の命より大切な娘をレイプして殺した」と告白しました。

すると、ネット配信からソウルが語り出します。

「監禁されていたナイロビの子供を救出したこと」「ヨンスの娘の話は嘘で、自身がその娘であること」「幼い頃からヨンスにレイプされ虐待を受けていたこと」「キム・サンマンが仲間の息子を人質にとりアンを殺すよう脅したこと」などを次々と暴露。

そして、ベルリンは「この会談は、やつらが私腹を肥やすための策略に過ぎない。このペーパーハウスは民衆のものだ。さあ、誰が泥棒で、誰が通貨の持ち主だ?」とメディアに問いかけます。

ベルリンの言葉は民衆の共感を呼ぶのでした。

スポンサーリンク

解放か金か

「金は民衆のものってどういう意味?」と尋ねるリオに、教授は兄だと打ち明けるベルリン。

そして「俺が命がけで参加したのは、兄貴の作戦を成功させるため」「革命主義者のフリをしたのも教授の計画だ」と話します。

”政治犯のフリをすれば、脱出の基盤になる””強盗団の目的が会談の阻止だと思い込ませる、真実を知った民衆が応援してくれるようになる””というのが教授の考えだったのです。

その後、ベルリンは「トーキョーを迎える準備をしないと」と告げます。

そして、集められた人質に対し、「ここを去りたい者は出してやる。ただし、残って協力してくれた者には1人当たり30億ウォンを渡そう」と告げるのでした。

『ペーパー・ハウス・コリア』9話感想

教授とベルリンは、重い過去を背負った兄弟だったんですね...。

教授の言った「父さんがやり残したこと」とは一体何なのか?

強盗計画に隠された本当の狙いがますます気になってきました!

 

強盗団の仲間割れがトーキョーとベルリンの作戦だったとは!

どんでん返しがまさに韓国ドラマらしいです!

また、サンマンに人質にとられたナイロビの息子の救出に動くなど、トーキョーたちの仲間想いな一面にも胸を打たれました。

 

心が躍ったのは別荘での戦闘シーンです。

まるで戦闘ゲームのような臨場感あふれるカメラワークに見入りました!

 

外にいる教授の仲間”ソウル”は韓国版オリジナルキャラクターで、新鮮な立ち位置ですね!

強気な感じがかっこよく、どこかトーキョーと似ている印象を受けました。

また、チョン・ヨンスの娘であること、虐待を受けていたことなど次々と明かされた事実が衝撃的...。

ソウルの暴露により、ヨンスやサンマンらの立場はどうなる!?

 

ソウルを救うために収容所で暴動を起こしたこと、命がけで強盗計画に参加した理由は兄・教授の作戦を成功させるためだったことなど、ベルリンに関することも明らかに。

それまでの粗暴な印象から男気溢れるキャラにベルリンの印象が変わってきました!

特に、「さあ、誰が泥棒で、誰が通貨の持ち主だ?」とメディアに問いかけるシーンはかっこよかったです!

 

次回気になるのはトーキョーが造幣局に戻ってくる方法です。

また、「解放」か「お金」かベルリンに選択を迫られた人質たちの決断にも注目ですね!

 

リズ
早く10話が観たい!

\ペーパー・ハウス・コリア第10話/

【ペーパー・ハウス・コリア】10話あらすじ・感想ネタバレあり
【ペーパー・ハウス・コリア】10話あらすじ・感想ネタバレあり

まずは9話を振り返ります! ウジンら警察は強盗団のアジトを突き止め数々の証拠を発見しますが、教授によってアジトは爆破されました。 強盗団の仲間割れは、実は外にいる教授と意思疎通を図るための作戦だったこ ...

続きを見る

\ペーパー・ハウス・コリア第8話/

【ペーパー・ハウス・コリア】8話あらすじ・感想ネタバレあり
【ペーパー・ハウス・コリア】8話あらすじ・感想ネタバレあり

まずは7話を振り返ります! パク・ソノ(教授)を怪しむチャ・ムヒョク大尉は、ソノの店から指紋を入手し、ついにソノこそが教授だと突き止めました。 しかし、教授に捕まってしまうことに。 そんな中、キム・サ ...

続きを見る

あなたにおすすめの記事

-ペーパー・ハウス・コリア

© 2023 エンタメ☆彡パラダイス