梨泰院クラス

【梨泰院(イテウォン)クラス】最終回16話あらすじ・感想(ネタバレあり)

【梨泰院(イテウォン)クラス】最終話16話あらすじ・感想(ネタバレあり)

こんにちは、リズです。

 

15話では、車にはねられ瀕死の状態になったセロイが夢の中で父ソンヨルと再会しました。

一方で、イソとグンスはグンウォンに監禁されてしまいました。

最後は、セロイがデヒの前でひざまづき...というシーンで終わりました。

 

いよいよ最終回!

16話では、イソの救出に向かったセロイは、無事にイソを救い出すことができるのか。

そして、セロイは復讐に終止符を打ち、幸せを手に入れることができるのでしょうか!

 

『梨泰院(イテウォン)クラス』最終回16話あらすじ(ネタバレなし)

 

すべてに終止符を打とうとするグンウォン(アン・ボヒョン)から必死で逃げるイソ(キム・ダミ)。これまで築き上げてきたものを崩壊させまいと必死のデヒ(ユ・ジェミョン)は、タンバムへと向かう。

引用元:Netflix

 

『梨泰院(イテウォン)クラス』最終回16話あらすじ※ネタバレあり

16話の登場人物

  • パク・セロイ(パク・ソジュン)
  • チョ・イソ(キム・ダミ)
  • チャン・グンス(キム・ドンヒ)
  • オ・スア(クォン・ナラ)
  • チャン・デヒ(ユ・ジェミョン)
  • チャン・グンウォン(アン・ボヒョン)
  • カン・ミンジョン(キム・ヘウン)
  • チェ・スングォン(リュ・ギョンス)
  • マ・ヒョニ(イ・ジュヨン)
  • キム・トニー(クリス・ライアン)
  • イ・ホジン(イ・デビッド)
  • キム・スルレ(キム・ミギョン)
  • キム・ヒフン(ウォン・ヒョンジュン)
  • オ・ビョンホン(ユン・ギョンホ)
  • オ・ヘウォン(チェ・ユリ)

詳しいキャスト・相関図はこちら⇒『梨泰院(イテウォン)クラス』キャスト・登場人物・相関図の紹介

【梨泰院(イテウォン)クラス】 キャスト・登場人物・相関図の紹介
【梨泰院(イテウォン)クラス】 キャスト・登場人物・相関図の紹介

こんにちは、リズです。 世界的流行を呼んだ韓国ドラマ『梨泰院(イテウォン)クラス』。 日本の芸能界でもファンが多く、黒柳徹子、今田耕司、有吉弘行、藤田ニコルなどがファンだと公言しています。 ここでは、 ...

続きを見る

 

セロイがデヒに失望する

言われるがままにデヒ(ユ・ジェミョン)の前でひざまづいたセロイ(パク・ソジュン)。

デヒは高笑いし、「どうしたんだ?信念はどこへ行った?負けを認めるんだぞ」と告げます。

一心にグンウォン(アン・ボヒョン)の居場所を尋ねるセロイ。

デヒは「人生最後のイベントだったのに、実にがっかりだ。そんな土下座のために、俺はまた息子を捨てるのか」と言い、グンウォンの居場所をメモに記しました。

メモを渡そうと近づいたデヒから「君は敵にひざまずいた。気分はどうだ?」と聞かれると、セロイは「情けないです。会長はどんな気分ですか?こんな風に土下座をさせてうれしいですか?爽快ですか?」とデヒに問います。

立ち上がったセロイは、「今まで、復讐だけを胸に生きてきました。長家(チャンガ)の会長チャン・デヒ。憎き敵。価値観は違えども尊敬してました。だから、あんたに勝つことに人生の全てを懸けた。それだけの価値がこの闘いにはあった。だから、それほどの男が勝つために人質事件を利用するとはね。こんな老いぼれの後を十数年も追ってきたとは。情けなくてたまらない。それだけです」とデヒに言い放ちました。

デヒの手からメモをひったくったセロイは、最後に「十数年たって、やっとあんたのことが分かった」と告げて部屋を出ていくのでした。

セロイとスングォン(リュ・ギョンス)は車でグンウォンの元へ向かいます。

 

イソの元にセロイが駆けつける

倉庫からの脱出に成功したイソ(キム・ダミ)とグンス(キム・ドンヒ)ですが、追ってきたグンウォンやヒフン(ウォン・ヒョンジュン)らに取り囲まれてしまいます。

イソとグンスは鉄パイプを武器に応戦する構えを見せます。

「3つ数えたら飛びかかるわよ」とグンスに告げたイソですが、3と数えた瞬間に「グンス頑張って!ふんばるのよ!」と言い残し、グンスを置いて一人だけ走って逃走しました。

戸惑いを見せるも近づく敵に鉄パイプを振り回しすグンス。

しかし、攻撃を受けたグンスは血を流し倒れます。

グンスは「やっぱり僕たちは兄弟なのかな。いつも間違った方法を取る」とグンウォンに言います。

グンウォンはヒフンと共にイソを車で追いかけました。

逃げるイソを見つけたセロイとスングォンは、正面から突進してくるグンウォンの車と衝突。

かろうじて助かったセロイは、車を降り、イソの姿を確認。

セロイはイソの元に駆け寄り、二人は抱擁を交わします。

「大丈夫か?」と心配するセロイに、「危険を承知でなぜ来たの?」と問うイソ。

スングォンはセロイとイソに逃げるよう告げ、ヒフンらの相手を請け負います。

逃げたセロイとイソをグンウォンが追いかけます。

スングォンはヒフンと彼の部下と激しく殴り合い、結果ヒフンは降参するのでした。

 

セロイがイソに愛を告白

事故の怪我から回復していないセロイは頭痛に襲われ、セロイとイソは走るのをやめます。

セロイは「不思議だ。頭の中も心の中もお前でいっぱいだ。愛してる。愛してるんだ、イソ。心から愛してる」とイソに愛を告白。

イソを優しく抱きしめました。

そこへグンウォンの車が追いつきます。

セロイは携帯をイソに渡し「警察から電話が来たらこの場所を教えてほしい」と頼み、イソを逃がしました。

イソは「代表が死んだら、私も生きてられない」と言い残し、その場を去ります。

 

セロイとグンウォンの戦い

セロイとグンウォンは殴り合います。

激しい殴り合いの末、二人は満身創痍に。

「さっさと死ね!」と叫ぶグンウォンに、セロイは別れ際にイソが言った”代表が死んだら、私も生きてられない”という言葉を思い出し、「それはダメだ。ゴールが見えてきたのに。やっと俺は、幸せになれそうだ」と呟きます、

そして、最後の力を振り絞ってグンウォンに挑み、渾身の一撃を食らわしグンウォンを倒しました。

動けなくなったグンウォン。

セロイも地面にぐったりと座り、昔橋の上で交わしたイソとの会話を思い出します。

「時々こう考えます。”生きてても意味がない”。100年も生きられずどうせ死んでしまうのに、幸せを求めてあがくなんてバカみたい。いっそ生まれてこなければよかった」と語るイソ。

そう語るイソに、セロイは「人生は分からない。明日も店を開けて今日と同じことをするだろう。同じ毎日のようでも、明日のことなど誰にも分からない。俺とケンカしたスングォンは今は店のスタッフだし、俺を営業停止にしたお前はマネージャーだ。同じ毎日は1日もなかった。辛い日も悲しい日もたくさんあったけど、生きていれば時々面白いことも起きる。特に、お前が来てからは毎日ワクワクしてる」と語ります。

セロイの言葉を聞いたイソは「私もです。社長のそばにいると、胸がときめくし、楽しいです」と返しました。

現実に戻り、セロイとグンウォンの元に警察とイソが到着。

イソがセロイに抱きつくと、セロイは「これからは、幸せになろう」と呟くのでした。

 

窮地に立たされた長家(チャンガ)

翌日。

スア(クォン・ナラ)が検察に長家(チャンガ)の不正ファイルを提出します。

長家(チャンガ)に検察による家宅捜索が入ります。

デヒには出国禁止命令が下り、取り調べを受けることになりました。

横領や賄賂などの不正に加え、暴力団との癒着、殺人教唆、拉致も発覚した長家(チャンガ)。

また、加盟店が結託し、契約解除と賠償を長家(チャンガ)に要求するという状況に陥ります。

さらにグンスは「理事会では売却を検討しています。いい条件で買収してくれる会社が1社あります」とデヒに打ち明けました。

しかし、なかなか現状を受け入れようとしないデヒ。

グンスは「もう方法はありません。好きな四字熟語がありますよね?”弱肉強食”。言葉の通り、弱い僕たちは食べられました」と淡々とデヒに告げるのでした。

 

ホジンがグンウォンに面会

ホジン(イ・デビッド)は刑務所でグンウォンに面会します。

ホジンは「イ・ホジン。以前はクァンジン高校3年1組、お前のパシリだった」と名乗ると、グンウォンはホジンのことを思い出します。

ホジンは「セロイとお前の悪縁は俺から始まったんだ。終わらせるのも俺だ」と宣言し、チャンガは買収されるだろうとグンウォンに告げました。

さらに「後ろ盾を失っていい気味だ。会長は不正も暴かれてじきに捕まるだろう」と告げると、グンウォンは立ち上がり「お前ごときに」と怒りを露わにします。

ホジンも立ち上がり、グンウォンを真っすぐ見つめ「へなちょこ野郎め。もういい。許してやるよ」と告げ、満足そうな笑みを浮かべて去っていくのでした。

憤怒したグンウォンは「待ちやがれ!へなちょこ!ホジン!」と叫び続けました。

 

デヒがセロイに土下座する

 諦めきれないデヒはトニー(クリス・ライアン)の祖母キム・スルレ(キム・ミギョン)に電話し、助けを求めます。

しかし、スルレは「私たちは利益でのみ結ばれた関係だったのさ。だから価値が落ちたら簡単に切れてしまう」とデヒに厳しい言葉をかけました。

そして、「あんたがしがみつく相手は私じゃない。頼む相手は、別にいるだろ」と告げるのでした。

スルレの助言を受けデヒが向かった先は、タンバムでした。

入り口でセロイとイソが出迎えます。

テーブルに着席したデヒに、セロイは豆腐チゲを出します。

デヒが食べている最中、セロイは「長家(チャンガ)の買収を推進しています」と切り出しました。

運営はミンジョン(キム・ヘウン)に頼み、企業イメージも世間の評判もよくないため長家(チャンガ)という名前も変更する意向をデヒに告げます。

料理を食べ終えたデヒは、「美味しい料理を頂いたのに、カネを忘れてきた。他の方法で払ってもいいか?」と言いました。

立ち上がったデヒは、ゆっくりと床にひざまづきました。

セロイはその様子を驚きの表情で見つめ、「何をしてるんですか?」とデヒに問います。

「没落していく長家(チャンガ)など買収したところで何の得になる?悪いのは全てこの俺だ」と告げるデヒ。

「恨みだけが理由ではなく、いい企業だから買収するんです」と説明するセロイ。

デヒは「余命わずかな年寄りだ。これ以上何の欲もない。心から君に謝る。パク部長と君にひどいことをした。悪かった」とセロイへの過去のひどい仕打ちを謝罪します。

そして、涙を流しながら「これで許してくれ」と嘆願し、頭を下げるのでした。

セロイは「夢見ていた光景なのに、心の底から喜べない」と言います。

デヒのそばに腰を下ろすと「グンスに対して申し訳ない。頭を上げてください」と告げました。

頭を上げたデヒにセロイは鋭い眼光で「僕を甘く見てますね?僕は商売人です。全てを失った人から謝罪されたところで買収を取りやめるとでも?これはビジネスです、会長」と言い放ち、デヒを置いてイソと共に去っていくのでした。

 

ICが長家(チャンガ)を買収する

臨時の株主総会が開かれ、ICが長家(チャンガ)グループを買収することが決定します。

コメントを求められたセロイは壇上に立ちます。

「長家(チャンガ)は韓国を代表する外食企業です。国家が貧しく、まだ苦しかった時代、安くておいしい物で人々の心を癒しました。事件のせいで企業イメージは悪化しました。でも悪いのは個人ですし、長家(チャンガ)は立派な外食企業です。当時長家(チャンガ)が追及していたのはお金や利益だけではありませんでした。商売で最も大事なのは、人と信頼です。お金より人を大事にします。利益より信頼に重点を置きます。皆さんと共に、もう一度新たな繁栄を目指しましょう。ありがとうございます」と挨拶。

大きな拍手が巻き起こりました。

終了後、セロイはグンスと話します。

グンスは辞表を提出したことをセロイに明かします。

セロイがグンスにICに票を投じてくれた理由を問うと、「僕の票など無意味です。ただ、セロイさんの姿を見ておきたかった。目標を達成する姿をね」とグンスは答えました。

そして、以前料理番組の本番前にヒョニ(イ・ジュヨン)のことを暴露したのは自分だったこと、スングォンからICの情報を引き出したことなどをセロイに告白。

「バカでした。汚い手を使ってまで勝とうとするなんて。長家(チャンガ)を手に入れても、イソは僕のものにならないと分かっていたのに。でも突き進むしかなかった。どうやって止まるのか知らなかったから」と反省の言葉を口にするグンスに、セロイは「いいんだよ。お前はひよっこだ。飯を食いに来いよ」と励ますのでした。

 

スアからセロイへ電話

スアからセロイへ祝福の電話がかかってきます。

セロイは内部告発をした訳をスアに尋ねます。

「約束してたの。おじさんから大学の授業料を借りるとき、3倍にして返すとね。これなら、十分かしら?」と問うスア。

セロイは「うん。ありがとう」とお礼を述べました。

「これで安心して自分の人生を歩めるわ。友達として応援してくれる?」と問うスアに、「もちろんだよ」とセロイは答えました。

スアは最後に「幸せになって」とセロイに告げるのでした。

スアがいた場所は、セロイの父ソンヨルのお墓でした。

 

イソがグンスを抱きしめる

グンスは、ヒョニとスングォンをタンバムに呼び出し、これまでのことを謝罪します。

二人はグンスの謝罪を受け入れ、ヒョニは「後悔するくらいなら、バカなことはするな」と忠告。

帰り際、タンバムへ向かう途中のイソと遭遇したグンス。

アメリカへ行くことをイソに伝えます。

「僕には別れを告げる資格すらないよな」と言うグンスをイソは優しく抱きしめました。

そして「十分に資格はあるわ。確かに悪いことをしたけど、あんたは気持ちに忠実だった。受け入れられないけど、伝わってきたわ。気持ちを利用してごめん。ありがとう。元気でね」と優しい言葉で別れを告げるのでした。

グンスは涙を目に浮かべながらイソの後ろ姿を見つめました。

 

スアが自分の人生を歩み始める

イソとヒョニは噂の人気店の偵察に訪れます。

すると店の中から出てきたのはスアでした。

長家(チャンガ)を辞したスアは、以前から交友のあったホン・ソクチョンから投資を受け、梨泰院に洋食店をオープンさせていたのです。

イソは「代表と付き合ってます」と自慢げにスアに報告。

スアは「あなたなら安心よ。セロイを大切にしてあげて」とイソに告げます。

不満そうなイソは「あんたには関係ないでしょ」と返し、偵察もせず帰っていきました。

ヒョニは「また来ます」とスアに告げ、慌ててイソを追いました。

スアは「本当に、頼むわね」と呟くのでした。

 

セロイがイソにキス

セロイのオフィスを訪れたイソは、「忙しくなければデートしない?」と誘います。

セロイは笑顔で「忙しくない」と答え、イソの誘いに応じました。

二人で梨泰院を歩き、写真も撮ります。

イソが「私を愛してる?」と尋ねると、セロイは戸惑いながら「言ったはずだ」と答えます。

イソが「なのになぜ手も握らないの?」と不満そうに聞くと、セロイは気まずそうに「なんだか恥ずかしくて」と返答。

イソは笑いながら「私もよ」と言い、セロイの手を握りました。

そして「私が努力する。代表と私は何から何まで違うけど、1つだけ似てるわ。人のぬくもりを知らないこと」とセロイに告げます。

イソは「ずっと前に過去の話をしてくれた時に、苦しみを癒してあげようと思ったの。苦しみからも寂しさからも救ってあげたかった。代表の苦い夜を、甘くしてあげたかった。代表のことを考えると、空虚な日常が代表で満たされるの。ありがとう。愛してる。私が幸せにしてあげる」と自分の思いをセロイに伝えました。

イソの思いを聞いたセロイは、これまでの出来事を思い返しながら”幸せになりたかった。自分を見失うことなく、夢を全て叶えたかった。苦しい日々があった。時には不安におびえた。でも耐え抜けた。大事な仲間たちと夢に向かって忙しく過ごした日々。仲間がいたからだ。この先も、仲間でいよう。幸せでいるために”と心の中で思います。

そして、「俺も愛してる。イソ」と言い、イソにキスをしました。

セロイは”今の俺は、この上なく、幸せだ”と心の中で幸せを噛みしめるのでした。

 

エピローグ

いつも通り仕事をして、いつも通りデートをするセロイ。

川辺にシートを広げて、セロイとイソは寄り添って幸せな時間を過ごすのでした。

 

 

『梨泰院(イテウォン)クラス』最終回16話感想

長きにわたるセロイの復讐劇がついに完結しました!

感極まるハッピーエンドでした!

 

特に、エピローグのシーンが印象深かったです。

セロイとイソが寄り添って穏やかな時間を過ごしている様は、こちらにも画面越しに幸せいっぱいな空気が伝わってきました!

川や夕日といった景色もとても美しく、二人の幸せを一層彩っていました!

ずっと復讐のためだけに生きてきたセロイ。

ドラマを通して思い詰めたような表情が多かったセロイですが、最後のエピローグで見せた表情は、全てから解き放たれ心底幸せそうでした!

 

”愛してる”という言葉が止めどなく出てくるセロイのイソへの告白シーンは、以前のイソのセロイへの告白シーンを見ているかのようでデジャヴを感じました!

ついに相思相愛となった二人のキスシーンは、甘くて素敵でしたね!

 

全編通して育まれていったタンバムチームの絆も感動的です。

前科者のセロイを始め、ソシオパスのイソ、トランスジェンダーのヒョニなど、各々事情や秘密を抱えるメンバーたちが共鳴し合い、時に反発し合いながら苦境を乗り越えていくストーリー展開には夢中にさせられました!

 

一方で、デヒやグンウォンらのチャンガ側は悪役としてストーリーを盛り上げることが大半でしたが、彼らにも人間味あふれるドラマがあり、感情移入できました!

途中からブラックな一面を覗かせるようになったグンスも、最終的には自分の過ちを反省し当初の優しいグンスに戻って安心しました。

 

セロイと長家(チャンガ)の間で葛藤し続けたスアも、勇気を出して自ら長家(チャンガ)を去り新しい人生をスタートさせていましたね。

セロイのことも完全に吹っ切り、イソにセロイのことをお願いする強い姿はとてもかっこよかったです!

 

それぞれの登場人物が自分の置かれた立場で、悩んでもがき苦しみながら”自分の生き方”を模索していくドラマはとても見応えがあり、魅了されました!

”たとえ悲しいことや苦しいことがあっても、それと同じ分だけ、いやそれ以上の喜びや幸せを感じられる日が必ず来る”

『梨泰院クラス』というドラマを視聴してそのような感想を抱きました!

 

リズ
韓国だけでなく日本でも大ブームを巻き起こした『梨泰院クラス』。まだ視聴していない方はぜひ!

 

\『梨泰院(イテウォン)クラス』15話あらすじ・感想はこちら

【梨泰院(イテウォン)クラス】15話あらすじ・感想(ネタバレあり)
【梨泰院(イテウォン)クラス】15話あらすじ・感想(ネタバレあり)

こんにちは、リズです。   14話では、ついにセロイがイソへの愛に気付きました。 同時に、セロイにとって必要な人間であろうとするイソの心の内も明らかとなりました。 しかし、イソはグンウォンに ...

続きを見る

 

『梨泰院(イテウォン)クラス』キャスト・登場人物・相関図はコチラ

梨泰院クラスキャスト・登場人物・相関図はコチラ

『梨泰院(イテウォン)クラス』テレビ放送・レンタル開始がいつか気になる方はコチラ

テレビ放送・レンタル開始についてはコチラ

『梨泰院(イテウォン)クラス』主題歌・OSTはコチラ

梨泰院クラス主題歌・OSTはコチラ

『梨泰院(イテウォン)クラス』ロケ地はコチラ

梨泰院クラスロケ地はコチラ

 

-梨泰院クラス

© 2020 エンタメ☆彡パラダイス