梨泰院クラス

【梨泰院(イテウォン)クラス】12話あらすじ・感想(ネタバレあり)

【梨泰院(イテウォン)クラス】12話あらすじ・感想(ネタバレあり)

こんにちは、リズです。

 

11話では、自分の望みのために生きる決意をしたグンスが長家(チャンガ)に入社しました。

一方、ICは投資を受けることが決まり、着実にフランチャイズ化実現に向けて進む様子が描かれました。

そして、イソがセロイに振られ...という悲しいシーンで終わってしまいました。

 

続きの12話では、セロイとイソの関係はどうなってしまうのでしょうか。

また、ICはフランチャイズ展開に向けて順調に前進していけるのでしょうか!

 

『梨泰院(イテウォン)クラス』12話あらすじ(ネタバレなし)

 

新たに持ち上がった問題に対処しようとする中で、投資家となりうる人物を見つけるセロイ(パク・ソジュン)とイソ(キム・ダミ)。料理対決の最終ラウンドに備えるヒョニ(イ・ジュヨン)だが…。

引用元:Netflix

 

『梨泰院(イテウォン)クラス』12話あらすじ※ネタバレあり

12話の登場人物

  • パク・セロイ(パク・ソジュン)
  • チョ・イソ(キム・ダミ)
  • チャン・グンス(キム・ドンヒ)
  • オ・スア(クォン・ナラ)
  • チャン・デヒ(ユ・ジェミョン)
  • チャン・グンウォン(アン・ボヒョン)
  • カン・ミンジョン(キム・ヘウン)
  • チェ・スングォン(リュ・ギョンス)
  • マ・ヒョニ(イ・ジュヨン)
  • キム・トニー(クリス・ライアン)
  • イ・ホジン(イ・デビッド)
  • キム・スルレ(キム・ミギョン)

詳しいキャスト・相関図はこちら⇒『梨泰院(イテウォン)クラス』キャスト・登場人物・相関図の紹介

【梨泰院(イテウォン)クラス】 キャスト・登場人物・相関図の紹介
【梨泰院(イテウォン)クラス】 キャスト・登場人物・相関図の紹介

こんにちは、リズです。 世界的流行を呼んだ韓国ドラマ『梨泰院(イテウォン)クラス』。 日本の芸能界でもファンが多く、黒柳徹子、今田耕司、有吉弘行、藤田ニコルなどがファンだと公言しています。 ここでは、 ...

続きを見る

 

イソが休暇を願い出る

セロイ(パク・ソジュン)に振られたイソ(キム・ダミ)は、一人タンバムで飲んでいました。

ヒョニ(イ・ジュヨン)が慰めにやって来て「少し離れてみろ。近すぎると見えないものだ、互いを見つめ直す必要があるのかも」とイソにアドバイスします。

翌日。

イソはセロイに休暇を取りたいと願い出ます。

昨日の告白のことが原因かどうか聞くセロイ。

イソは否定し、「公私混同はしません。ずっと働き詰めだったから、気分転換したい」と理由を説明します。

セロイは「ゆっくり休め」と言い、休暇を許可するのでした。

 

グンスが番組を任される

「最強の居酒屋」にて2度も1位を逃した長家(チャンガ)。

デヒ(ユ・ジェミョン)はスア(クォン・ナラ)とグンス(キム・ドンヒ)を叱責します。

デヒはグンスに「次1位を逃したら、お前に長家(チャンガ)は継がせない」と警告。

グンスは自分に権限を持たせてほしいと申し出て、番組を自分に一任するようデヒに頼みます。

「自分で動いてダメだったら、納得できますから」と主張するグンスの言葉を聞いたデヒは、グンスに番組を任せることに決めるのでした。

 

JMが投資を撤回

本部で、セロイたちはチェーン展開を祝う祝賀会の準備をしていました。

そこへホジン(イ・デビッド)が慌てて飛び込んできました。

JMホールディングスが突然ICへの投資を撤回したのです。

リード投資家であるJMが抜けたことでフォロー投資家も次々と離脱。

セロイたちは困惑します。

事情を知ったイソはバスの中で、セロイに選択を急かしてしまったと責任を感じていました。

一方、デヒの元をある人物が尋ねます。

姿を見せたのは、JMホールディングスの卜代表でした。

 

デヒの策略

スアがICのオフィスを尋ねると、激怒した加盟店のオーナーたちが「投資が中止になってどうするつもりだ!」とセロイに詰め寄っていました。

セロイはスアの姿に気付きます。

そして、スアが手に抱えている”安分知足(高望みをせず満足すること)”というメッセージ付きの植木鉢を見て、デヒ会長が黒幕だと悟るのでした。

一方、会長室ではデヒとグンスが話していました。

JMの投資中断が会長の計略かどうかグンスが尋ねると、デヒは「そうだ」と返答。

ICへの投資は、最初から長家(チャンガ)とJMが手を組んで行ったことだったのです。

グンスは「父さんはすごいな」と言い、デヒに圧倒されるのでした。

 

諦めないセロイ

オーナーたちに責められる中、セロイは大声を上げ、「やめろ!社員に乱暴するな!」と警告。

オーナーの一人が「あんたたちを信じて、なけなしのカネを集めて...」と反論したところで、セロイは「何を信じた?投資?JM?記事を読んだだけで契約したんですか?」と問い、「違うだろ!あなたたちはここへ来て味を確かめた。全国トップになった味にほれて契約したんだ!何が変わった?味ですか?イヤなら契約を解除してください」と強く主張しました。

オーナーの一人が「投資は中止になった。カネもないのに全員支援できるのか?」と問います。

セロイは「できます」と返答。

「商売の基本は信頼なんです。我々ICは、加盟店の皆さまの信頼も大事なお金も必ず守ってみせます」と宣言し、部屋を出ていくのでした。

スアが追いかけ、「お金もないのにどうする気?」と尋ねます。

セロイは「ビルを担保にして借りるさ」と答えます。

スアは「お願い。ここで止まって」と訴え、「私が植木鉢をどんな気持ちで持ってきたか分かる?私はいつまで敵でいればいいの?長家(チャンガ)への復讐、憎しみ、全部捨てて私と一緒にいよう。そして、幸せになろう。お願い」と涙ながらに訴えました。

そこにイソから電話がかかってきます。

イソは投資に関して反省の言葉を述べ、セロイはスアの方を見ながら「俺は、この程度で潰れない。一度人生は終わった、再び立ち上がれたのは、復讐すると決めたからだ。幸せはそのあとだ。俺は、必ず長家(チャンガ)を倒す。絶対に諦めも、止まりもしない」と力強く宣言。

その言葉を聞いたスアはその場に泣き崩れました。

セロイは「ごめん」とスアに謝るのでした。

 

不動産の大御所キム・スルレ

デヒの元をある人物が尋ねます。

その人物とは、トニー(クリス・ライアン)の祖母キム・スルレ(キム・ミギョン)でした。

彼女は、不動産の大御所だったのです。

デヒとは昔からの知り合いで「陸橋の前で小さな店を営んでいたときはかっこよかった」とデヒに言います。

セロイを気にかける理由を尋ねるデヒに「恩があるのさ」と答えるキムさん。

セロイに手出しするのはもうやめるようお願いしますが、デヒは「彼次第です」と答えました。

なぜセロイを目の敵にするのかとキムさんが尋ねると、デヒは「あいつに土下座させることが、人生で最後の目標になりました」と答えるのでした。

 

セロイがキムさんの投資を拒否

キム・スルレがミンジョン(キム・ヘウン)と共にタンバムへやって来ます。

ミンジョンがキムさんを「私が若い頃の師匠」と紹介。

投資家探しに苦労しているタンバムの現状を知っているキムさんは、セロイに「私はお金持ちで、私はあなたに借りがある。投資を頼める立場よね?」と促します。

しかしセロイは「トニーを利用したくない」と投資の申し出を拒否しました。

慌ててセロイの態度を改めさせようとするイソとミンジョン。

呆れたキムさんは「社員が苦労してるのに、代表はプライドが大事なんて。こんなバカに投資はしない」と怒って店を出ていきました。

ミンジョンも呆れて、「代価も払わず、仲間を不当なことから守るという信念を貫けるの?自由は、ただではないのよ」と冷たくセロイに言うのでした。

 

キムさんが条件付きで投資を約束

トニーからキムさんが済州島の別荘へ行っていることを知ったセロイはイソに電話します。

すると、イソはすでにキムさんを追いかけて済州島へ来ていました。

イソから電話を代わったキムさんに、セロイは「投資をしてください」とお願いします。

「このバカ。投資を電話で頼むなんて」と怒るキムさん。

キムさんは、投資をするのはトニーの件だけではないと告げ、「こう見えても私は商売人。あんたのことは少し分かる。料理や自分の店だけでなく、町全体を見る洞察力が気に入ったんだ」と投資を申し出た理由を説明。

キムさんはセロイに目標を尋ねると、「韓国のトップです」とセロイは自信たっぷりに答えました。

キムさんは笑い「気が合うね」と言い、料理対決番組「最強の居酒屋」で優勝すれば投資をするとセロイに約束するのでした。

セロイは「はい。優勝します」と力強く宣言しました。

 

グンスがヒョニの情報を流す

”マ・ヒョニはトランスジェンダーだ”というニュースがネットに流れます。

「最強の居酒屋」の決勝戦に臨むためスタジオ入りしたヒョニとセロイ。

しかし、周囲からの冷たい視線を感じ、心ない言葉も聞こえてきます。

耐えかねたヒョニはスタジオを飛び出していきました。

ヒョニの情報をネットに流したのは長家(チャンガ)のグンスだったと判明します。

スアから批判されるグンス。

グンスはヒョニのことを「僕にとっては数少ない大切な友達」と表現します。

非道なことをする理由をスアが尋ねると「勝つためです。これが、長家(チャンガ)のやり方ですよね」と答えました。

そして、「友情ごっこは、もう終わりです」と冷たく告げるのでした。

 

ヒョニがカミングアウトする

落ち込むヒョニをセロイは「お前は俺が知り得る中で一番勇敢で、キレイな女だ」と工場時代一緒に働いていたときにかけた言葉で慰めます。

「味で納得させてやります」と意気込むヒョニに、セロイは「好奇の目に耐えてまですることではない。お前はお前だから、他人を納得させなくていい」と主張。

セロイは優しくヒョニの肩を抱き、ヒョニはセロイの胸で号泣するのでした。

スタジオに戻ったセロイは自分が代わりに番組に出ようと準備します。

記事を見て心配になって駆けつけたトニーに、スングォンは「心配いらない。あの女は誰よりも強い」と言いました。

同じく記事を見たイソはヒョニに電話をかけます。

ある詩集を読んでヒョニのことを思い出したと告げ、詩を読んで聞かせます。

「”私は石ころ””炎で焼いてみよ””私はびくともしない石ころだ””強くたたくがいい””私は頑強な石ころだ””暗闇に閉じ込めてみよ””私は一人輝く石ころだ””砕けて灰になり腐りゆく自然の摂理すらはね返してやる””生き残った私””私はダイヤだ”」

イソが送った詩に鼓舞されたヒョニは、しっかり前を向いてスタジオに戻ってきます。

すると「タンバム代表マ・ヒョニ。私はトランスジェンダーです」と堂々と告白。

「そして今日私は、優勝します」と宣言するのでした。

 

『梨泰院(イテウォン)クラス』12話感想

12話では、デヒがセロイをとことん潰しに来ました!

投資家と手を組んでどこまでもセロイに攻撃してくるデヒはやはり恐い存在です...。

”セロイに土下座させることが、人生で最後の目標になった”と言うデヒの意気込みは相当なもの。

今後も一体何をしでかしてくるのか注目です!

 

グンスが、ヒョニがトランスジェンダーだとネットに流したことはショックでしたね...。

いくら勝つためとはいえ、手段を選ばないその姿勢が父親デヒにそっくりだと感じました。

ドラマ当初は優しい好青年という印象が、長家(チャンガ)に入社以降少しずつ冷酷な印象へと変わっているような気がしますね...。

長家(チャンガ)の人間としてグンスはセロイたちにとって脅威となるのか。

今後もグンスには目が離せません!

 

一方、投資が撤回となり、窮地に立たされたIC。

詰め寄るオーナーたちにセロイが「店の味にほれて契約したんだ!」と説くシーンには圧倒されましたね!

演じるパク・ソジュンの熱のこもった演技は圧巻でした。

 

また、これ以上セロイの傷つく姿を見たくないスアが「ここで止めて、一緒に幸せになろう」と訴えるシーンも感動的でしたね!

スアの必死の訴えにも揺るがず、長家(チャンガ)への復讐を諦めないと宣言したセロイ。

セロイに早く幸せが訪れてほしいですね!

 

トニーの祖母キムさんが実は不動産業界の大物だったという事実には驚かされました!

セロイの魅力を理解している彼女には、セロイにとって強力な味方となってくれることを期待したいですね!

 

最後は、ヒョニが自らをトランスジェンダーだと皆の前で堂々と告白しました。

とてもかっこよかったですね!

傷ついても、仲間のために前を向くヒョニの強い姿には輝きがあり、勇気づけられました!

 

ヒョニは優勝することはできるのか。ICはキムさんから投資を受けることができるのでしょうか!

 

リズ
次回13話も早く観たい!

 

\『梨泰院(イテウォン)クラス』13話あらすじ・感想はこちら

【梨泰院(イテウォン)クラス】13話あらすじ・感想(ネタバレあり)
【梨泰院(イテウォン)クラス】13話あらすじ・感想(ネタバレあり)

こんにちは、リズです。   12話では、JMのICへの投資が実はデヒの策略によるものだったことが判明。ICは損害を被る羽目になりました。 また、グンスの仕業によりヒョニがトランスジェンダーで ...

続きを見る

 

 

\『梨泰院(イテウォン)クラス』11話あらすじ・感想はこちら

【梨泰院(イテウォン)クラス】11話あらすじ・感想(ネタバレあり)
【梨泰院(イテウォン)クラス】11話あらすじ・感想(ネタバレあり)

こんにちは、リズです。   10話では、セロイはついにグンウォンを刑務所に入れることに成功しました。しかし、デヒ会長を解任させる作戦は失敗に終わり、ミンジョンも左遷されてしまいました。 最後 ...

続きを見る

 

-梨泰院クラス

© 2020 エンタメ☆彡パラダイス