愛の不時着

【愛の不時着】15話あらすじ・感想(ネタバレあり)

【愛の不時着】15話あらすじ・感想(ネタバレあり)

こんにちは、リズです。

 

14話では、セリが意識を取り戻し、ジョンヒョクはセリに愛の言葉を伝えることができました。一方、ダンとスンジュンのキスシーンも描かれました。また、ジョンヨンがこれまで抱えていたセリへの思いも明かされ、セリは涙。チョルガンの生存も確認され、再びジョンヒョクとチョルガンが対面することになりました。

そして最後は、再会した二人が国家情報院に包囲され、チョルガンがジョンヒョクに向けて発砲し...というシーンで終わりました。

 

続きの15話では、チョルガンとジョンヒョクの対決の行方はどうなるのでしょうか。また、包囲されてしまったジョンヒョクは捕らえられてしまうのでしょうか!

 

『愛の不時着』15話あらすじ(ネタバレなし)

事態を把握しようとする韓国政府だが、関係者の証言に食い違いがあり、何が真実か特定することができない。追手の男たちから必死で逃げるスンジュン(キム・ジョンヒョン)。

引用元:Netflix 

 

『愛の不時着』15話あらすじ※ネタバレあり

15話の登場人物

  • リ・ジョンヒョク(ヒョンビン)
  • ユン・セリ(ソン・イェジン)
  • ク・スンジュン(キム・ジョンヒョン)
  • ソ・ダン(ソ・ジヘ)
  • ユン・ジュンピョン(ナム・ギョンウプ)
  • ハン・ジョンヨン(パク・ウンジン)
  • ユン・セジュン(チェ・デフン)
  • ド・ヘジ(ファン・ウスレ)
  • ユン・セヒョン(パク・ヒョンス)
  • コ・サンア(ユン・ジミン)
  • ホン・チャンシク(ゴ・キョピル)
  • パク・スチャン(イム・チョルス)
  • チョ・チョルガン(オ・マンソク)
  • ピョ・チス(ヤン・ギョンウォン)
  • パク・グァンボム(イ・シニョン)
  • キム・ジュモク(ユ・スビン)
  • クム・ウンドン(タン・ジュンサン)
  • コ・ミョンウン(チャン・ヘジン)
  • コ・ミョンソク(パク・ミョンフン)
  • リ・チュンリョル(チョン・グックァン)
  • キム・ユンヒ(チョン・エリ)
  • チョン・マンボク(キム・ヨンミン)
  • チョン社長(ホン・ウジン)
  • オ課長(ユン・サンフン)
  • リ・ムヒョク(ハ・ソクジン)
  • ナ・ウォルスク(キム・ソニョン)
  • マ・ヨンエ(キム・ジョンナン)
  • ヒョン・ミョンスン(チャン・ソヨン)
  • ヤン・オックム(チャ・チョンファ)
  • キム・ヨンへ(キム・ヨンピル)

詳しいキャスト・相関図はこちら⇒【愛の不時着】キャスト・登場人物・相関図の紹介

【愛の不時着】キャスト・登場人物・相関図の紹介
【愛の不時着】キャスト・登場人物・相関図の紹介

こんにちは、リズです。 第4次韓流ブームの火付け役となった韓国ドラマ『愛の不時着』。 梨泰院(イテウォン)クラス同様、日本の芸能界でも黒柳哲子、笑福亭鶴瓶など多くの有名人がファンだと公言しています。 ...

続きを見る

スポンサーリンク

チョルガン死す

国家情報院に包囲されたジョンヒョク(ヒョンビン)とチョルガン(オ・マンソク)。

チョルガンはジョンヒョクに発砲しますが、ジョンヒョクは瞬時にそれを避けました。

チョルガンの発砲と同時に外から国家情報院による無数の銃弾が放たれ、チョルガンは倒れます。

チョルガンは意識が朦朧とする中、セリ(ソン・イェジン)とジョンヒョクが韓国で一緒にいたという証拠を全て北朝鮮へ送ったと告げます。

チョルガンは「お前は俺と同じだ。もう行く所がない。北に行っても、ここで捕まっても、お前のせいで親は殺されるだろう。だから、一緒に逝こう」とジョンヒョクに告げて、息絶えました。

チョルガンの言葉を聞いたジョンヒョクは絶望感を抱き、自殺を試みようとしますが、国家情報院が突入してきてジョンヒョクを逮捕しました。

 

ジョンヒョクらが連行される

その頃、チス(ヤン・ギョンウォン)やマンボク(キム・ヨンミン)達も国家情報院によって逮捕されます。

セリは「私も連れていって。説明しますから。私のせいです。あの人たちは何も悪くない」と必死に訴えますが、5人は連行されていきました。

国家情報院は、ジョンヒョクの携帯のGPSを元にジョンヒョクたちが韓国へ潜入した理由を調べようとしましたが、有力な情報は得られませんでした。

 

キムチーム長が、韓国に不法侵入した理由をジョンヒョクに問うと、ジョンヒョクは「ユン・セリを懐柔して北朝鮮へ連れていくためです」と返答。

その理由を問われたジョンヒョクは、「事故で北に来た彼女が財閥令嬢だと知り、北に残そうとしたものの失敗したからです」と答えました。

ジョンヒョクはセリを守るため嘘の供述をしました。

また、ジョンヒョクは「部下たちは本件とは無関係です。命令に従った部下に罪はありません」と証言。

一方、ジョンヒョクの証言を聞かされたセリは「彼は嘘をついてます。懐柔されたことがないから。彼は最初から私を帰そうと最善を尽くしました。命懸けで私を守ってくれた。私を殺すためにチョが来て、リさんは犯罪者のチョを捕まえようとここに来たんです。彼を隠したのは私の意思でした」と非は自分にあると主張。

取り調べを受けたチスやマンボク達も固く口を閉ざしました。

スポンサーリンク

罪を一人で背負おうとするジョンヒョク

国家情報院は、セリとジョンヒョクの証言が食い違うため、二人を対面調査することにします。

対面室で顔を合わせた二人。

セリが「あなたは私のために嘘をついてる。これまでのことが世間に知られたら私が困るから、背負おうとしてるのね」と告げると、ジョンヒョクは否定し「僕は高官の息子だ。そんな僕が情にほだされて君を助けたと?財閥令嬢だと知らなければこうはしなかった」と嘘をつきます。

セリは「下手な嘘はもうやめて」と告げますが、ジョンヒョクは「認めるよ。一緒に過ごしたから全て芝居だったとは言わない。情も移った」と冷たく返しました。

そして「君を利用するためにここに来たし、君を人質に取って...」と告げると、セリはジョンヒョクの言葉を遮り「あなたがしたように私もあなたを隠したの。人質なんかじゃない。私を利用しようとした人が私の代わりに撃たれたり、命懸けで私を守るためにここに来たりする?」と問います。

ジョンヒョクは声を上げ、「勘違いするな。君のためじゃない。チョに復讐するために来た。だから、妙な誤解はやめろ」とセリに忠告。

セリが涙目で「人生を棒に振る気?帰れなくなってもいいの?」と問うと、ジョンヒョクは「僕の人生を棒に振るより、君を見てる方がつらい」と本心を打ち明けました。

セリは「リさん、つらいよね。私も限界だわ」と告げて、退室します。

退室したセリは廊下で倒れてしまいました。

セリが倒れたと聞いたジョンヒョクは急いで廊下へ飛び出しますが、セリはすでに運ばれていました。

セリは敗血症と診断され、医師は「今夜が峠になるかと」とジョンヨン(パク・ウンジン)らに告げました。

スポンサーリンク

スンジュンがダンに指輪を贈る

一方、スンジュン(キム・ジョンヒョン)はセヒョン(パク・ヒョンス)が仕向けた中国のチンピラたちに命を狙われ、チョン社長(ホン・ウジン)に捕まってしまいます。

ホテルで一泊することになり、スンジュンは口をテープで塞がれ、手を縛られた状態で朝を迎えました。

するとチョン社長がスンジュンの縄をほどき、自分を縛るようスンジュンに指示。

チョン社長によって助けられたスンジュンは逃げ出すことに成功しました。

追っ手をまいたスンジュンは市場で質屋に寄り、自らが以前セリに贈り、セリが預けたと言っていた指輪を取り戻します。

スンジュンは軍人舎宅区域に到着すると、行く当てがないため無人のジョンヒョクの家に身を潜めます。

ダン(ソ・ジヘ)もスンジュンを心配してジョンヒョクの家へやって来ました。

スンジュンはすでに航空券も買っており、明日北朝鮮を去ることをダンに伝えます。

スンジュンは「ありがとう。世話になった。ダンさん」とお礼を言い、「俺なりに頑張って生きてきた。行き先も分からず、息切れするまで走ってきた。でも結局、どん底にいる。俺みたいな男がダンさんにこんなことをしてはダメだと分かってる。それでも、あげたい」と告げると、ダンの指にセリに一度贈った指輪をはめました。

そして、「いつか、俺がまともな男になって君を訪ねてきたら、もしその時もダンさんが独りでいるのなら、俺に一度だけ、チャンスをくれ」と告げました。

ダンは泣きだし、「ふざけないで」と返します。

スンジュンはダンを優しく抱きしめ「ダンさんが好きだ。好きだから、進むべき道を行く。まっすぐ生きるよ。俺は変わる」と誓いを立てるのでした。

スポンサーリンク

ダンを人質に取られるスンジュン

翌日。

スンジュンは空港に到着し、見送りで同行したダンにお礼を言います。

「行くよ。元気で」とお別れの挨拶をしますが、ダンは頷くだけで、すぐにタクシーに戻りその場を去っていきました。

タクシーの中でダンは涙を流します。

しかし、その後ダンはチンピラたちに拉致されてしまいました。

スンジュンに電話がかかってきて、電話口からはダンの声が漏れてきました。

電話の相手に「1時間やる。必ず一人で来い」と脅迫されたスンジュンは、飛行機の搭乗時間を確認し葛藤。

逃げるか、ダンを救うか悩んだ末、スンジュンは航空券を破り捨て、ダンの救出に向かうことに決めました。

スンジュンはショットガンを手に一人敵地に乗り込みます。

次々と撃ち殺していくスンジュン。

しかし、最後の一人と相打ちになり、スンジュンは胸に銃弾を受け倒れます。

ダンはスンジュンの名を叫び駆け寄りました。

スンジュンは救急車で運ばれ、ダンが泣きながら付き添います。

スンジュンは薄れゆく意識の中で「もしどちらかしか助からないのなら、助かるべきなのは君だ。それが正しい」と思いました。

そして、無情にも心停止となりました...。

スポンサーリンク

セリが危篤状態に

集中治療室で眠るセリが危篤状態だと知り、ジョンヒョクは急いで待合室へ駆け込みます。

セリは夢の中で事故が起きた日に戻っていました。

セリは「その長い夢の中で、私はあなたと出会うために全ての出来事を最初からもう一度経験する選択を選んだ。時間を100回巻き戻しても、あなたと出会い、あなたを知り、恋に落ちる。その選択をして、私は幸せだったわ。リさん」と心の中で思いました。

しかし一方、セリを見つめるジョンヒョクは「時間を巻き戻せたら、巻き戻せるのなら、君と出会わない、君が僕を知らずに何事もなく穏やかに過ごせるほうを選ぶよ」と心の中で思うのでした。

その後、心停止を示す音が室内に響き渡りました...。

 

『愛の不時着』15話感想

15話では、チョルガンが死に、ジョンヒョクたちが国家情報院に連行されてしまいました!

チョルガンの脅威は去りましたが、ジョンヒョクたちの帰国の行方が気になる展開になりましたね。

 

ジョンヒョクはセリや部下たちを守るため嘘の供述をして一人で罪を被ろうとしました。

どこまでも他人を優先するジョンヒョクの人柄には心打たれます!

セリにわざと冷たく接しながらも彼女が倒れたと知るとすぐに立ち上がって見に行く姿は感動的でした。

 

一方、スンジュンはチョン社長に捕らえられるも、彼に助け出されました。

これまで金次第でスンジュンの味方にもなり敵にもなってきたチョン社長が最後はスンジュンを助けたのが印象的でした!

 

また、スンジュンはダンに指輪を贈り、人として変わると宣言。

ダンとスンジュンも離れ離れにならざるをえない関係にあるかと思うと悲しいですね...。

ダンが拉致され、スンジュンが飛行機への搭乗を諦めて捨て身の覚悟でダンを救出する姿はとてもかっこよかったです!

ダンへの愛の深さが伝わるシーンでもありましたが、スンジュンは撃たれてしまいました...。

 

セリは夢の中で、困難が待っていると知りながら”ジョンヒョクとの出会いをもう一度経験したい”と思いました。

しかしジョンヒョクの方はセリが困難に遭わないよう”セリと出会わない人生”を望みました。

対照的な二人の思いが複雑で切なかったです。

お互いに想い合っていたとしても、韓国と北朝鮮という違いが障壁となっていて悲しいですね...。

 

最後は、危篤状態に陥ったセリと銃弾を受けたスンジュンが両方とも心停止となりました...。

ついに次が最終話!

セリとスンジュンの命はどうなるのでしょうか!

また、ジョンヒョクたちは北朝鮮へ無事に戻ることができるのか!

そして、セリとジョンヒョクの愛はどんな結末を迎えるのでしょうか!

 

リズ
早く最終話が観たい!

 

\『愛の不時着』最終回16話あらすじ・感想はこちら

【愛の不時着】最終回16話あらすじ・感想(ネタバレあり)
【愛の不時着】最終回16話あらすじ・感想(ネタバレあり)

こんにちは、リズです。   15話では、チョルガンが死亡し、ジョンヒョクやチス達は国家情報院に連行されてしまいました。 取り調べを受けたジョンヒョクは一人で罪を被ろうとしました。 ケガの完治 ...

続きを見る

 

\『愛の不時着』14話あらすじ・感想はこちら

【愛の不時着】14話あらすじ・感想(ネタバレあり)
【愛の不時着】14話あらすじ・感想(ネタバレあり)

こんにちは、リズです。   13話では、ジョンヒョクがセリに指輪をプレゼントしました。 また、二人は仕事をサボり、映画を見に行ったりとデートを満喫。 さらに、昔スイスの橋の上でジョンヒョクと ...

続きを見る

あなたにおすすめの記事

-愛の不時着

© 2021 エンタメ☆彡パラダイス