愛の不時着

【愛の不時着】14話あらすじ・感想(ネタバレあり)

【愛の不時着】14話あらすじ・感想(ネタバレあり)

こんにちは、リズです。

 

13話では、ジョンヒョクがセリに指輪をプレゼントしました。

また、二人は仕事をサボり、映画を見に行ったりとデートを満喫。

さらに、昔スイスの橋の上でジョンヒョクと出会っていたことをセリが思い出しました。

そして、ついにジョンヒョクとチョルガンが韓国で顔を合わせ、戦闘が開始されました。

最後は、ジョンヒョクを守ったセリが銃弾を受け...という衝撃のシーンで終わりました。

 

続きの14話では、セリの命は助かるのでしょうか。また、チョルガンは死んでしまったのでしょうか!

 

『愛の不時着』14話あらすじ(ネタバレなし)

ジョンヒョク(ヒョンビン)が、すぐそばでセリ(ソン・イェジン)を見守り続ける一方、セリの力になりたい部下たちはあることを思いつく。ダン(ソ・ジヘ)のことが心配でたまらないスンジュン(キム・ジョンヒョン)。

引用元:Netflix 

 

『愛の不時着』14話あらすじ※ネタバレあり

14話の登場人物

  • リ・ジョンヒョク(ヒョンビン)
  • ユン・セリ(ソン・イェジン)
  • ク・スンジュン(キム・ジョンヒョン)
  • ソ・ダン(ソ・ジヘ)
  • ユン・ジュンピョン(ナム・ギョンウプ)
  • ハン・ジョンヨン(パク・ウンジン)
  • ユン・セジュン(チェ・デフン)
  • ド・ヘジ(ファン・ウスレ)
  • ユン・セヒョン(パク・ヒョンス)
  • コ・サンア(ユン・ジミン)
  • ホン・チャンシク(ゴ・キョピル)
  • パク・スチャン(イム・チョルス)
  • チョ・チョルガン(オ・マンソク)
  • ピョ・チス(ヤン・ギョンウォン)
  • パク・グァンボム(イ・シニョン)
  • キム・ジュモク(ユ・スビン)
  • クム・ウンドン(タン・ジュンサン)
  • コ・ミョンウン(チャン・ヘジン)
  • コ・ミョンソク(パク・ミョンフン)
  • リ・チュンリョル(チョン・グックァン)
  • キム・ユンヒ(チョン・エリ)
  • チョン・マンボク(キム・ヨンミン)
  • チョン社長(ホン・ウジン)
  • オ課長(ユン・サンフン)
  • リ・ムヒョク(ハ・ソクジン)
  • ナ・ウォルスク(キム・ソニョン)
  • マ・ヨンエ(キム・ジョンナン)
  • ヒョン・ミョンスン(チャン・ソヨン)
  • ヤン・オックム(チャ・チョンファ)
  • キム・ヨンへ(キム・ヨンピル)

詳しいキャスト・相関図はこちら⇒【愛の不時着】キャスト・登場人物・相関図の紹介

【愛の不時着】キャスト・登場人物・相関図の紹介
【愛の不時着】キャスト・登場人物・相関図の紹介

こんにちは、リズです。 第4次韓流ブームの火付け役となった韓国ドラマ『愛の不時着』。 梨泰院(イテウォン)クラス同様、日本の芸能界でも黒柳哲子、笑福亭鶴瓶など多くの有名人がファンだと公言しています。 ...

続きを見る

スポンサーリンク

セリが病院へ搬送される

チョルガン(オ・マンソク)に銃を向け発砲したマンボク(キム・ヨンミン)ですが、チョルガンは血の跡だけ残してどこかへ消え去っていました。

銃弾を受けて意識不明となったセリ(ソン・イェジン)はジョンヒョク(ヒョンビン)の付き添いで急いで病院へと搬送されます。

ジョンヒョクは緊急手術を受けるセリを見守りながら「兄がいた。彼を亡くし、つらい日々を送った。そして心に決めた。誰も失わない人生を送ろうと。淡々とした人生を送ろうと。未来を夢見ぬ人生を黙々と送ろうと。それ以来、ぐっすり眠ることもなく、冗談も言わず、演奏もしなかった。そして誰も愛さなかった。ある日僕の世界に不時着した君に会うまでは。そんな人生だった。でも今後は、つらくてもかまわないから、君がいる人生を送りたい。かなわぬ夢でもいいから、未来を夢見てたい。だから、死なないでくれ。君に言いたいことがまだ残ってる」と心の中で胸の内を呟きました。

セリの手術は無事成功しましたが、3日も意識が戻らず、チス(ヤン・ギョンウォン)達も心配します。

 

セリが意識を取り戻す

ついに意識を取り戻したセリ。

家族に退室を命じ、ジョンヒョクに電話をします。

涙を流しながら「ボディガードなのになぜ傍にいないの?早く来て」と告げると、病院の外にいたジョンヒョクは急いで病院の中へ戻りました。

セリの病室に入ると、ジョンヒョクは涙を流し、自分を守るために危険を冒したセリに対して「そんなに僕を悲しませたかったのか?」と怒ります。

セリも涙目で「むちゃをしたのは私だけ?あなたもしたくせに」と返しました。

ジョンヒョクはセリを優しく抱きしめ、「愛してる」と告白。

そこへチスやマンボク達も駆けつけました。

なぜセリが目覚めたことが分かったのかとジョンヒョクが問うと、マンボクがセリのベッドの下へ盗聴器を仕掛けていたことが判明します。

マンボクは「セリさんが聞くべき話も入ってました」と告げ、セリにレコーダーを手渡しました。

スポンサーリンク

ダンとスンジュンがキスをする

ジョンヒョクがセリを救うために韓国へ渡ったとスンジュン(キム・ジョンヒョン)から聞かされ、ジョンヒョクが自分ではなくセリを選んだことに涙を流したダン(ソ・ジヘ)。

スンジュンは傷ついたダンを心配し、連絡を入れます。

二人は橋の上で会い、スンジュンは「君が心配だった。俺を彼だと思って一発殴れ」と告げますが、ダンは「好きな人だと思うと殴れない」と拒否。

スンジュンは「それじゃ、俺だと思ったら?」と問うとダンはすぐさまスンジュンの腹にパンチを入れました。

スンジュンは「ダンさんはきれいだ。どんな髪型でも似合うし、俺を救ってくれた時みたいなカッコよさもある。偉そうで、不親切にされても、憎くないどころか、かわいい。そんな君の心を奪った男が羨ましいと思った。だから君の前では俺もいい人間でいたい。そう思わせるほど魅力的だ」とダンへの気持ちを打ち明けます。

ダンが泣きそうになると、スンジュンは「泣かないでくれ。続ける?」と聞きます。

するとダンは「もういい」と答え、スンジュンにキスをするのでした。

スポンサーリンク

セリの回復を願うジョンヨン

病室で、セリはマンボクから渡されたレコーダーを再生します。

すると、そこには継母ジョンヨン(パク・ウンジン)のセリへの謝罪と告白が録音されていました。

ジョンヨンは涙を流しながら「生後1ヵ月にもならないあなたと会って以来、あなたは私を母親として愛さなかったことはなかった。なのに私は、その愛を一度も受け止めなかった。そしてあの日、初めての二人旅だと喜んでたあなたを、私は捨てた。あなたが待つのに疲れ、倒れてしまうまで私は戻らなかった。あの時私は、生きるのがイヤで、海に行ったの。愚かだったと後悔して戻ったけど、あなたはいなかった」と告白。

そして、「ごめんなさい。許して。どうかもう一度戻って来て。あなたが実家に来てくれるたびに、本当はうれしかったって言いたいの」とセリの回復を願いました。

セリはジョンヨンが抱えていた胸の内を初めて知り、涙を流すのでした。

スポンサーリンク

軍事部長がチュンリョルを脅迫

一方、ジョンヒョクに撃たれたチョルガンはオ課長(ユン・サンフン)に助けられ、生きていました。

チョルガンは、ジョンヒョクが韓国に来た証拠を軍事部長に送ります。

そして”すぐに女を北朝鮮へ連れていき、総政治局長を破滅させ、軍事部長をその座に就かせてみせます”と報告。

チョルガンからジョンヒョクが韓国ソウルにいる姿を映した写真を送られた軍事部長は、チュンリョル(チョン・グックァン)に会います。

軍事部長は写真をチュンリョルに見せ、「この件を最高指導部に報告したらどうなりますかね。静かに退くのです。”健康上の理由”と言えば自然でしょう。従えば、この件は私がもみ消します」と脅しました。

するとチュンリョルは笑い、「息子を派遣したのは私だ。南の財閥を懐柔する作戦に息子を動員した。なにせ極秘作戦のため、軍事部にも報告できなかった。息子が帰国したら詳しく調べてみろ」と返すのでした。

スポンサーリンク

ジョンヨンとジョンヒョクが話す

病室でジョンヒョクがセリを抱きかかえる様子が写真に撮られ、”新恋人”としてたちまちネットニュースになりました。

セリの継母ジョンヨンは、ジョンヒョクと二人でカフェで話します。

ジョンヨンは「娘とはいつから交際を?」などと尋ねます。

ジョンヨンは「セリは孤独に育った子なんです。私は母親だけど、そばにいてあげなかった。セリのためにそばにいてあげて」とジョンヒョクに告げました。

そして、「もしもセリのことで私の協力が必要になったらここに連絡を」と名刺を渡します。

するとジョンヒョクは「そばにいてあげては?そうすれば、セリさんも喜ぶはずです」と提案しました。

スポンサーリンク

セヒョン夫妻の企みが暴露される

韓国国家情報院により、北朝鮮から韓国に潜入した者が二人いることが発覚。

セリの銃撃事件との関連が調べられました。

そして、先に話を聞かされたセリの父ジュンピョン(ナム・ギョンウプ)と国家情報院の担当者がセリの病室を訪れます。

ジュンピョンがセリにチョルガンのことを知っているのかと問うと、セリは「もし知ってたら、捕まえられますか?」と国家情報院の担当者に尋ねました。

家族皆を病室に集めたセリは「銃撃事件を解決する手がかりがここにありそう」と告げ、レコーダーを取り出しました。

再生するとそこには、チョルガンと手を組んでセリを殺そうと画策したセヒョン(パク・ヒョンス)とサンア(ユン・ジミン)の会話が録音されていました。

録音を聞いた皆は顔色を変え、ジュンピョンは「今日限りでクイーンズから手を引け。もうお前のことは息子だとも思わん。もう現れるな、二度と」とセヒョンに冷たく言い放ちました。

セヒョンは声を荒げジュンピョンに悪態をつきますが、ジョンヨンがセヒョンを平手打ちしました。

スポンサーリンク

包囲されたジョンヒョクとチョルガン

ジョンヒョクは、セリの警護をチス達に任せ、チョルガンの隠れ家へ向かいます。

到着すると、荷物を持って出ようとしたチョルガンに銃口を向けます。

一方、サンアからジョンヒョクが北から来た者だと教えられた国家情報院はジョンヒョクを尾行していました。

建物内のジョンヒョクとチョルガンに外から「武器を下ろせ。素直に従えば情状酌量も可能だ」と警告。

チョルガンは両手を上げ「神がようやく俺に味方をしてくれたようだ。お前に俺は撃てない」と強気の姿勢を見せ、うすら笑いを浮かべます。

チョルガンは両手を上げたままゆっくりとジョンヒョクに背を向けましたが、すぐさまポケットから銃を取り出しジョンヒョクに向けて発砲しました。

スポンサーリンク

エピローグ

病室で眠れないセリ。

そばにレコーダーとメモが置かれていることに気づきます。

メモには”眠れないときに聴くこと”と書かれていました。

セリがレコーダーを再生すると、「ユン・セリ。また眠れないのか?薬ばかりに頼らず、これを聴くのはどうだろう」とジョンヒョクの声が聞こえてきました。

セリの家へ寄ったジョンヒョクは、セリが多量の睡眠薬を服用していることに気づき、兄ムヒョク(ハ・ソクジン)のために書いた曲をピアノで弾いて録音していたのです。

また、「僕も前を向くよ。明日も会えると思いながら生きよう。よく食べ、よく眠り、元気に過ごす。そして、また明日も会えるような気持ちで楽しく生きよう。そう過ごすうちに人生が楽しくなりすぎて僕を忘れてもいい。それでも、僕は大丈夫だから」とメッセージが吹き込まれていました。

ジョンヒョクはセリの家の台所にて、戸棚や冷蔵庫に食料品などを用意し、麺のゆで方などをメモ書きして貼り付けました。

 

『愛の不時着』14話感想

14話では、セリが意識を取り戻しました!

意識不明のセリを片時も離れずずっと心配そうに見つめるジョンヒョクの姿には胸を打たれました。

 

意識を取り戻したセリとジョンヒョクの対面シーンでは、演じるソ・イェジンとヒョンビンの表情や声の調子など全ての演技に引き込まれました!

異常なほど献身的にセリのお世話をするジョンヒョクの姿も面白かったですね。

 

一方、ダンとスンジュンのキスシーンも描かれました!

ジョンヒョクの気持ちが自分に向いていないと知って傷ついたダンを素直な気持ちで慰めるスンジュンは素敵でしたね。

当初はまさか二人が恋愛関係になるとは思っていなかった一方で、振り返ると最初の出会いからどこか縁があったのかなとも思えたりして不思議な気持ちになりました!

 

また、セリと継母ジョンヨンとの間にある確執も少し解けたようでよかったです!

ずっとセリに冷たく当たっていたジョンヨンが胸中を告白するシーンは終始涙が止まりませんでした。

ジョンヒョクの助言通り、ジョンヨンにはセリのそばにいてほしいですね!

 

一方、チュンリョル側の話も緊迫感がありますね!

チュンリョルは軍事部長に韓国へ渡ったジョンヒョクのことで詰め寄られていますが、何とか上手く切り抜けています。

しかし同時にいつ真相がバレてもおかしくない状況で、まだまだ見逃せませんね!

 

エピローグでは、ジョンヒョクが自分が去った後のことを考え、セリの安眠用にピアノを弾いて録音したり、食材などを用意したりする姿が描かれました。

どれほど想い合っていたとしても刻一刻と近づく別れの時を感じさせて切ない気持ちになりましたね…。

ジョンヒョクの”人生が楽しくなりすぎたら僕のことを忘れてもいい”というセリへのメッセージも印象的でした。

果たして二人の恋の行方はどうなるのか最後の最後まで目が離せませんね!

 

前回ジョンヒョクに撃たれたチョルガンはしぶとく生きていました。

どこまでもジョンヒョクの敵として立ちはだかる姿は手強いですね!

最後は、チョルガンと再会し銃を向けたジョンヒョクですが、国家情報院に包囲されてしまいました。

そして、チョルガンはジョンヒョクに向けて発砲しました!

銃弾の行方は?

北からの侵入者だとバレたジョンヒョクは捕らえられてしまうのでしょうか!

 

リズ
いよいよ残すところ、あと2話。早く15話が観たい!

 

\『愛の不時着』15話あらすじ・感想はこちら

【愛の不時着】15話あらすじ・感想(ネタバレあり)
【愛の不時着】15話あらすじ・感想(ネタバレあり)

こんにちは、リズです。   14話では、セリが意識を取り戻し、ジョンヒョクはセリに愛の言葉を伝えることができました。一方、ダンとスンジュンのキスシーンも描かれました。また、ジョンヨンがこれま ...

続きを見る

 

\『愛の不時着』13話あらすじ・感想はこちら

愛の不時着】13話あらすじ・感想(ネタバレあり)
【愛の不時着】13話あらすじ・感想(ネタバレあり)

こんにちは、リズです。   12話では、セリと第5中隊の隊員たちが韓国で感動の再会を果たしました。また、スンジュンの過去も明かされ、セヒョンに詐欺を働いた理由がユン家への復讐だったことが判明 ...

続きを見る

あなたにおすすめの記事

-愛の不時着

© 2021 エンタメ☆彡パラダイス