椿の花咲く頃

【椿の花咲く頃】5話あらすじ・感想(ネタバレあり)〜願い、浮気、波乱〜

【椿の花咲く頃】5話あらすじ・感想(ネタバレあり)

こんにちは、リズです。

 

4では、ヨンシクが市場でドンベクへの愛を叫びました。

また、ヨンシクはドンベクの生き方を称賛し、ドンベクは涙を流しました。

一方、ピルグを気にかけるジョンニョルは、中国遠征のお金を奨学金として出すことに。

そして、何者かがカメリアに侵入し、壁の落書きを消したことも判明しました。

最後は、ヨンシクのそばで何者かがテーブルの下をライターでこする様子が描かれました。

 

続きの5話では、ドンベクの気持ちはヨンシクに傾いていくのでしょうか。

また、カメリアに侵入した人物は一体誰なのでしょうか!

 

リズ
今回は5話のあらすじと感想です。ネタバレありなのでご注意ください!

 

『椿の花咲く頃』5話あらすじ(ネタバレなし)

恋の成就を妨げる大きな壁にぶち当たったヨンシク(カン・ハヌル)は、ドンベク(コン・ヒョジン)が過去に殺人犯と遭遇していたことを知る。越えてはいけない一線を越えてしまうギュテ(オ・ジョンセ)。

引用元:Netflix

 

椿の花咲く頃』5話あらすじ※ネタバレあり

5話の登場人物

  • オ・ドンベク(コン・ヒョジン)
  • ファン・ヨンシク(カン・ハヌル)
  • カン・ジョンニョル(キム・ジソク)
  • ジェシカ(チ・イス)
  • ノ・ギュテ(オ・ジョンセ)
  • ホン・ジャヨン(ヨム・ヘラン)
  • ヒャンミ(ソン・ダムビ)
  • ピルグ(キム・ガンフン)
  • クァク・トクスン(コ・ドゥシム)
  • ピョン所長(チョン・ペス)

詳しいキャスト・相関図はこちら⇒【椿の花咲く頃】キャスト・登場人物・相関図(日本語)の紹介

【椿の花咲く頃】キャスト・登場人物・相関図(日本語)の紹介
【椿の花咲く頃】キャスト・登場人物・相関図(日本語)の紹介

こんにちは、リズです。 地上波ドラマとして2019年史上最高の大ヒットとなった韓国ドラマ『椿の花咲く頃』。 日本でも大ヒットした『愛の不時着』や『梨泰院クラス』を抑え、第56回百想芸術大賞TV部門大賞 ...

続きを見る

スポンサーリンク

逃走する人影

ヨンシク(カン・ハヌル)に自身の生き方を称賛され,涙を流したドンベク(コン・ヒョジン)。

2人で帰っていると、塾を終えたピルグ(キム・ガンフン)と遭遇。

ピルグはヨンシクを睨み「お母さんのことが好きなら、店に来ないで。言い寄ってくる人はみんな嫌い。お母さんがいじめられても見てるだけじゃないか」と言います。

ヨンシクは「お前を傷つけたりはしない」とピルグに約束しました。

ドンベクとピルグを見送ったヨンシクは、どこからかアラーム音が鳴るのを聞きます。

音のする方へ向かうと、細い路地を去っていく怪しい人影を目撃。

地面には足跡と空になった栄養ドリンクが残されていました。

スポンサーリンク

ドンベクの過去

カメリアの外でビール瓶の掃除をしながら、ドンベクとヒャンミ(ソン・ダムビ)は話します。

ドンベクは、子供の頃親がいないというだけで皆から避けられたこと、22歳の時ジョンニョル(キム・ジソク)と出会い大恋愛をしたこと、ジョンニョルの母から「あなたが嫌いなの。私にはあなたがまるで病原菌みたい」と言われたことなどを語りました。

ジョンニョルとの別れについては、「結局、本人に愛想が尽きた」と補足するのでした。

スポンサーリンク

反対するドクスン

ヨンシクがドンベクのことを好きだと知り、不機嫌な様子のドクスン(コ・ドゥシム)。

ドクスンは「母さんとドンベクどっちなの?私はお前を女手1つで必死に育ててきたの。そんな母親に対してあんまりだと思わない?子持ちはダメでしょうが」とヨンシクに対して怒りを露わに。

そして、自分とドンベクのどちらかを選ばせようとヨンシクに迫ります。

困り果てたヨンシクは「半分ずつにする。好きでたまらないんだ」と主張。

「じゃあ2か月だけ会うのを我慢してみな。それでも好きだと言うなら私も考えてあげるから」と告げるドクスンに、ヨンシクは「僕の愛は永遠だ!」と返すのでした。

スポンサーリンク

ジャヨンの怒り

ヒャンミから尊敬され気を良くしているギュテ(オ・ジョンセ)。

ヒャンミを誘い、水上スキーをしに出かけます。

水上スキーを終えた帰り、ヒャンミは「ギュテさんに投票する。私はファーストレディ?」と言い、ギュテを困惑させます。

そんな中、車が故障してしまい朝まで帰れない状況に。

日帰りのつもりが外泊することになりました。

一方、ギュテのカード明細から夫が水上スキーへ行ったことを知った妻ジャヨン(ヨム・ヘラン)。

夫の浮気相手はドンベクだと疑うジャヨンは美容室で髪を整え、カメリアへと向かいます。

怒りを露わにするジャヨンはドンベクに「契約が終わったら退去を」と命じるのでした。

スポンサーリンク

ヨンシクを突き放すドンベク

ドンベクがキムチを漬けると聞き、家から粉唐辛子を持ってカメリアを訪れたヨンシク。

ドンベクは「ピルグも会長も反対してる。だから、もう私のことは諦めてください」と懇願。

ヨンシクが「この先2か月ぐらいは自重するつもりです」と返すと、ドンベクは「会長に従って。もう来ないで」と告げるのでした。

スポンサーリンク

ドンベクとジョーカー

ヨンシクのドンベクへの愛を知った所長のピョン(チョン・ペス)。

ドンベクが目撃者となったエステティシャンのファン・グモク殺害時の資料をヨンシクに見せます。

ヨンシクは資料に目を通し始めます。

ドンベクとグモクは教会で出会った友人同士でした。

2014629日。

グモクが経営を始めたエステサロンで、新マシンのテストのためマシンに入るドンベク。

ドンベクがマシンに入っている間、マスクと手袋を着用したジョーカーが来店。

グモクは殺害されます。

殺害を終えたジョーカーは店を出ようとしますが、他にも店内に誰かがいることを察知。

グモクの名前を呼ぶドンベクの声に気付き、マシンの方へ向かいます。

ジョーカーはマシンのふたを必死に開けようとし、ドンベクは中で怯えます。

しかし、ジョーカーが上手く開けられずに手間取っている間、突然アラーム音が。

部屋のスプリンクラーが作動し、慌てて部屋を飛び出していくジョーカー。

この時にドンベクは逃げるジョーカーの後ろ姿を目撃したのでした。

資料を読み終えたヨンシク。

目をギラギラさせ、「僕がジョーカーを捕まえます。彼女を苦しめた報いを受けさせてやる」と闘志を燃やすのでした。

スポンサーリンク

人影の正体は?

街中で遭遇するヨンシクと母ドクスン。

ヨンシクは「僕は彼女を諦めない。彼女を1人にしたら、30年間後悔しそうなんだ」とドンベクへの想いを改めて伝えます。

その後、ヨンシクがドンベクの家へ向かうと、再びあのアラーム音を耳にします。

小路へ走ると、走っていく人影を発見。

逃げていく人影をヨンシクが追いかけ捕らえます。

そして、その顔を確認するのでした...

 

『椿の花咲く頃』5話感想

5話では、過去にドンベクが遭遇したジョーカー事件が描かれました!

マシンが開いていたら...と考えると恐ろしすぎましたね!

妙な音のする咳を出すジョーカーの正体は一体誰なのか。

ますます気になります!

スプリンクラーが突然作動した謎も引っかかりますね。

 

母やピルグに反対され、ドンベクにも「もう店に来ないで」と言われてしまったヨンシク。

それでも一切揺るがないドンベクへの一直線な想いがかっこいいですね!

ドンベクが関わったジョーカー事件の資料を読み、ジョーカー逮捕を改めて誓いました。

ヨンシクの真っ直ぐな人間性がドンベクの人生にどう影響を与えていくのか今後も楽しみです!

 

一方、ギュテとヒャンミの関係も面白くなってきましたね!

ギュテの方から誘っておきながらヒャンミが先の展開を急ごうとすると狼狽える姿が笑えました。

ヒャンミはお金を欲しているようですが、その目的は一体?

2人の関係にもこれから注目です!

 

また、ドンベクの過去も語られましたね!

ジョンニョルの母に病原菌呼ばわりされたのは可哀想でした...

ドンベクの両親は一体誰で、今どこにいるのでしょうか。

 

最後は、ドンベクを尾行したり栄養ドリンクを捨てていったりする怪しい人影をヨンシクが捕らえました!

人影の顔を確認したヨンシクは驚いた風でしたね。

彼が見たその正体は一体誰なのでしょうか!

 

リズ
早く6話が見たい!

 

\『椿の花咲く頃』6話あらすじ・感想はこちら

【椿の花咲く頃】6話あらすじ・感想(ネタバレあり)
【椿の花咲く頃】6話あらすじ・感想(ネタバレあり)〜1986.08.29ボーン トゥ ビーかば〜

こんにちは、リズです。   5話では、ヨンシクはドンベクへの想いを母やピルグに反対され、ドンベクからも諦めるよう言われました。 また、孤児だった頃やジョンニョルとの恋など、ドンベクの過去も語 ...

続きを見る

 

\『椿の花咲く頃』4話あらすじ・感想はこちら

【椿の花咲く頃】4話あらすじ・感想(ネタバレあり)
【椿の花咲く頃】4話あらすじ・感想(ネタバレあり)〜カントリーボーイ〜

こんにちは、リズです。   3話では、ドンベクとヨンシクの仲がケジャンの人々の間で噂になりました。 ヨンシクはドンベクへの想いを語るも、振られる格好に。 また、ジョーカー事件の目撃者がドンベ ...

続きを見る

あなたにおすすめの記事

-椿の花咲く頃

© 2021 エンタメ☆彡パラダイス