椿の花咲く頃

【椿の花咲く頃】14話あらすじ・感想(ネタバレあり)〜刻まれた母の年輪〜

【椿の花咲く頃】14話あらすじ・感想(ネタバレあり)

こんにちは、リズです。

 

13話では、ヒャンミの死亡に関して、複数の容疑者が浮かび上がりました。

また、ヨンシクとドンベクは意見が衝突し破局の危機に。

一方、ギュテはハンビッ塾を調べるヨンシクに「調べるな」と警告。

そして、市場で火事が発生し、ドンベクが命を狙われることに。

最後は、ヨンシクがドンベクにプロポーズし...というシーンで終わりました。

 

続きの14話では、ヒャンミを殺害した犯人の正体が明かされるのでしょうか。

また、市場での火事に関与していると思われる手首に傷がある人物は一体!

 

リズ
今回は14話のあらすじと感想です。ネタバレありなのでご注意ください!

 

『椿の花咲く頃』14話あらすじ(ネタバレなし)

母が自分の前に姿を現した理由を知ることになるドンベク(コン・ヒョジン)。すでに散々な一日を送っていたギュテ(オ・ジョンセ)は、ヒャンミ(ソン・ダムビ)のことで警察の取り調べを受ける羽目に。

引用元:Netflix

 

椿の花咲く頃14話あらすじ※ネタバレあり

14話の登場人物

  • オ・ドンベク(コン・ヒョジン)
  • ファン・ヨンシク(カン・ハヌル)
  • カン・ジョンニョル(キム・ジソク)
  • ジェシカ(チ・イス)
  • ノ・ギュテ(オ・ジョンセ)
  • ホン・ジャヨン(ヨム・ヘラン)
  • ヒャンミ(ソン・ダムビ)
  • ピルグ(キム・ガンフン)
  • クァク・トクスン(コ・ドゥシム)
  • ジョンスク(イ・ジョンウン)
  • ピョン所長(チョン・ペス)

詳しいキャスト・相関図はこちら⇒【椿の花咲く頃】キャスト・登場人物・相関図(日本語)の紹介

【椿の花咲く頃】キャスト・登場人物・相関図(日本語)の紹介
【椿の花咲く頃】キャスト・登場人物・相関図(日本語)の紹介

こんにちは、リズです。 地上波ドラマとして2019年史上最高の大ヒットとなった韓国ドラマ『椿の花咲く頃』。 日本でも大ヒットした『愛の不時着』や『梨泰院クラス』を抑え、第56回百想芸術大賞TV部門大賞 ...

続きを見る

スポンサーリンク

ドクスンの過去

ヨンシク(カン・ハヌル)がケガをして病院に運ばれたと知り、大急ぎで病院へと駆けつけるドクスン(コ・ドゥシム)。

ベッドに横たわるヨンシクの姿を見ると、涙を流します。

ドクスンには、ヨンシクを妊娠中、夫を事故で亡くした経験がありました。

ドンベク(コン・ヒョジン)はドクスンの手を握りますが、ドクスンはその手を振り払うと、ドンベクに「帰って」と冷たく告げました。

スポンサーリンク

フンシクの父

一室に座る男。

そこへ、フンシク(イ・ギュソン)が入ってきます。

市場で火事が起きたことを伝え、「父さん、言っただろ?何もしないでくれ。頼むよ」と告げます。

振り返った男は、「生きてる。火をつけてみれば分かる」と返すのでした。

スポンサーリンク

発見されたヘルメット

火災現場である市場にて、またしても緑色のライターが見つかります。

オンサン湖のボート乗り場で聞き込み調査をするヨンシクとピョン(チョン・ペス)。

防犯カメラが市場のカメラと同様、作動していないことを知り、思わず顔を見合わせます。

そんな中、ヒャンミ(ソン・ダムビ)が失踪した日に被っていたヘルメットが湖から見つかります。

ヘルメットの周りには血痕らしき赤いシミが付いていました...。

スポンサーリンク

ソンイ

ドンベクとジョンスク(イ・ジョンウン)が2人でいるところへ、ジョンスクの娘だと名乗るソンイという女性が現れます。

ジョンスクはソンイを連れて、カフェで話します。

「あんたたちはこの10年間、家政婦の私を詐欺師扱いした」と告げるジョンスク。

ソンイは、「私たちは、法的には親子なのよ」と返答。

一方、ドンベクは、ジョンスクが本当は認知症ではないことに今頃になって気付きます。

ジョンスクのおかげで家事が楽になったと感じると同時に、なぜここへ来たのかと不思議に思うのでした。

スポンサーリンク

懇願するジョンニョル

ジョンニョル(キム・ジソク)を尾行する記者たち。

しかし、ジョンニョルに気付かれ、車のミラーをバットで破壊されます。

ジョンニョルは、ピルグ(キム・ガンフン)のことを報道しようとする記者たちに、「別居や離婚危機説については自由に書いていいが、子供のことだけは伏せてくれ」と懇願。

今後は横柄な態度も改めると約束し、涙を流すのでした。

スポンサーリンク

ギュテの記憶

洗車中のギュテ(オ・ジョンセ)の元を訪れるヨンシク。

何かを隠そうとしているのではと疑惑の目を向けます。

すると、ハンドルに血痕のようなシミが付着しているのを発見。

ギュテは派出所へ連行され、事情聴取を受けることに。

ギュテは、配達中のヒャンミと遭遇した日のことを思い出します。

当時ギュテは泥酔状態でした。

ヒャンミがギュテの横を通り過ぎた後、ある車がヒャンミのバイクを煽り、ヒャンミはバランスを崩して転倒。

ギュテが近寄ると、ヒャンミは路肩に落ちたものの、生きていました。

話し終えたギュテはヒャンミの携帯電話の位置情報を探ることを提案。

ヨンシクらは携帯ショップへ向かいます。

すると、ヒャンミの携帯電話はオンサン湖のど真ん中にあることが判明。

当時の記憶が曖昧なギュテは「私が殺したのか?」と怯えるのでした。

スポンサーリンク

ジョンスクの外泊理由

火傷を負ったヨンシクに付き添うドンベク。

処置室を出ると、見覚えのあるスーツ姿の男が通り過ぎます。

以前母ジョンスクが病院で見かけ逃げるように去った相手だと気付き、声をかけます。

彼の正体は病院の内科医でした。

ジョンスクは病気のため腎臓移植を勧められていたことが明らかに。

ジョンスクが時々外泊するのは、透析を受けるためだったのです。

話を聞いたドンベクは動揺を隠せませんでした。

スポンサーリンク

母を捨てるドンベク

カメリアに戻ったドンベクは、ジョンスクを誘って肉を食べに行きます。

フォークを頼み、ジョンスクに持たせると、サイダーを注文。

そして、「よく食べてこそ、人に好かれるのよ」とジョンスクに声をかけます。

その一連の行動は、27年前に捨てられたあの日、ジョンスクが自分にしたものと全く同じでした。

ドンベクがあの時のことを今でも覚えていることを知ったジョンスクは泣き出します。

ドンベクは「あの日の母さんの匂いまではっきりと覚えてる」と告げ、「捨てた娘に腎臓をもらいに来たの?」と尋ねます。

そして、「最後にお願いが、娘の名前を聞いてきたら、知らないと言って。頼むわね」と言い放ち、母を置いてタクシーで帰っていくのでした。

カメリアに戻ってきたドンベク。

ヨンシクの姿を見つけると、抱きつき、「母さんなんて大嫌い」と泣き続けるのでした。

スポンサーリンク

ドクスンとジョンスク

ヨンシクを妊娠中のドクスン。

ドクスンの店に、小さな女の子を抱えた女性がやって来ます。

女性の顔には殴られたような跡が。

事情を察したドクスンは隣に腰かけ、2人は談笑します。

女性は娘の名前をドンベクと教え、ドンベクの小さな足がドクスンのお腹に触れるのでした。

 

椿の花咲く頃14話感想

14話では、ドンベクが母ジョンスクを店に置き去りにしました!

当時のジョンスクの行動をそっくりそのまま再現して、ジョンスクを捨てたドンベク。

とても心が痛いシーンでしたね...。

何より悲しかったのが、捨てられた27年前のあの日の母の行動をドンベクが鮮明に記憶していたことです。

ドンベクはこのままジョンスクの元へは戻らないつもりなのでしょうか。

 

ジョンスクの娘だと名乗るソンイという女性が登場しました。

どうやら実の家族ではないようですが、ソンイの「法的には親子」という言葉の意味が気になりました!

また、ジョンスクはドンベクに内緒で病院に通っていたことも明らかに!

ジョンスクは本当に腎臓移植のためだけにドンベクに会いに来たのでしょうか。

 

そして、フンシクの父親が登場。

市場での火事に関与しているような発言をしたことで、彼がジョーカー候補筆頭のように思えてきました!

事情を知っており、父を止めようとしている息子フンシク。

今後この親子に目が離せません!

 

オンサン湖からヒャンミが被っていたヘルメットが発見されました。

また、その湖にヒャンミの携帯電話があることも判明...。

ギュテはヒャンミを殺害したかもしれないと怯えていましたが、彼女は一体いつ、誰にどうやって殺害されたのでしょうか!

 

最後は、ヨンシクを身籠っているドクスンとドンベクを抱えたジョンスクが談笑する過去シーンが描かれました。

ドンベクの足がヨンシクのいるドクスンのお腹に触れていたのが印象的でした!

ドンベクとヨンシクが将来出会う運命にあることを暗示しているようで素敵でしたね!

 

果たして、ジョーカーはフンシクの父親なのか。

また、ドンベクとジョンスクはこのまま離れ離れになってしまうのでしょうか!

 

リズ
早く15話が見たい!

 

\『椿の花咲く頃』15話あらすじ・感想はこちら

【椿の花咲く頃】15話あらすじ・感想(ネタバレあり)
【椿の花咲く頃】15話あらすじ・感想(ネタバレあり)〜母親〜

こんにちは、リズです。   14話では、市場での火事に関わっている人物としてフンシクの父が登場。 また、オンサン湖からはヒャンミが被っていたヘルメットが見つかり、携帯電話も湖にあることが判明 ...

続きを見る

 

\『椿の花咲く頃』13話あらすじ・感想はこちら

【椿の花咲く頃】13話あらすじ・感想(ネタバレあり)
【椿の花咲く頃】13話あらすじ・感想(ネタバレあり)~”友達以上”の結末~

こんにちは、リズです。   12話では、ヒャンミの最後の一日が描かれました。 ヒャンミは弟のために貯金していたことが明らかに。 また、ヨンシクはフンシクの店からキャットーフードを持ち帰りまし ...

続きを見る

あなたにおすすめの記事

-椿の花咲く頃

© 2021 エンタメ☆彡パラダイス